暮らしを引き立てるプラスワンアイテム。イデーの新作「Garniture」

”生活の探求、美意識のある暮らし” を提案するインテリアショップ、IDÉE(イデー)がスチールとラタンを組み合わせたオリジナルプロダクト「Garniture(ガルニチュール)」をリリース。2019年6月14日(金)よりイデーショップ各店にて予約受付が開始されました。

フランス語で ”料理の付け合わせ” を意味する言葉、ガルニチュールから名付けられた新しい収納シリーズ。その名の通り、空間の核となるソファやダイニングテーブルの傍らで、暮らしを引き立てる役割を担う、プラスワンアイテムのハンガースタンドとバスケットです。

暮らしを引き立てるプラスワンアイテム。イデーの新作「Garniture」

T字のハンガーポールが付いた「ガルニ ハンガースタンド」は、コンパクトなサイズで置く場所を選ばず収納力も抜群。ハンガーにはジャケットや帽子、鞄など、下のバスケットにはルームシューズや雑誌、新聞など、日頃何気なく使うアイテムを無造作にさっと収納できます。

スリムなかたちでちょっとした隙間にも収められる「ガルニ バスケット」は、縁にスチールをあしらうことで強度にも優れたバスケット。玄関ではルームシューズやバッグを、リビングでは雑誌や読みかけの本など、また洗面室ではリネン類を入れたりとアイデア次第で多目的に活躍します。

暮らしを引き立てるプラスワンアイテム。イデーの新作「Garniture」

バリエーションは、ハンガースタンドが高さの異なるL·Mの2種類、バスケットは大きさの異なるM·Sの2種類。また、カラーはともにグレー、ベージュ、レッドの3色展開。
ナチュラルな色合いに塗装されたスチールがラタンの存在感をほどよく抑えながらも、一つ一つ手仕事で編み込まれた繊細な編み目の美しさをより際立たせています。

天然素材ならではの心地よく温かみのある風合いのラタンにクールな表情のスチールを組み合わせることで、プリミティブな素朴さを活かしつつ現代的なアイテムへと昇華させた、新しくもどこか懐かしさを感じるプロダクトです。

暮らしを引き立てるプラスワンアイテム。イデーの新作「Garniture」

デザインを手掛けたのは、服部隼弥と那須裕樹によるデザインスタジオ「Bouillon(ブイヨン)」。
素材や背景を丁寧に解釈し、真摯に、そして自然なアプローチでものづくりに取り組む彼ら。ミラノサローネ国際家具見本市での「Salone Sattelite Award 2016 2ndPrize」受賞や、東京国際家具見本市での「IFFT Young designer award」受賞など、国内外問わず活動する気鋭のデザイナーユニットです。

素材が持つ良さを ”うまみ(ブイヨン)” と捉え、うまみを活かしたデザインや暮らしを提案する彼らの新作「ガルニチュール」は、確固たる個性を持ちながらも決して主張しすぎない、”最高の付け合わせ” を目指したサイドファニチャー。
多様なインテリアとも協調する考え抜かれた造形が暮らしにすんなりと馴染み、それぞれの空間やそこから生まれる日々のライフシーンをより味わい深いものにしてくれます。

GARNITURE Series(ガルニチュール シリーズ)

GARNITURE HANGER STAND L:30,240円(税込)

GARNITURE HANGER STAND M:19,440円(税込)

GARNITURE BASKET M:14,040円(税込)

GARNITURE BASKET S:11,880円(税込)

 

販売店舗:イデーショップ全店、イデーショップ オンライン

販売時期:2019年6月14日(金)〜

https://www.idee-online.com/shop/features/