ディスプレイしたくなるステンレスボトル「HAY SOWDEN BOTTLE」

現在、東京·表参道にある複合ビル「GYRE」地下1階に期間限定でオープンしている、デンマークのインテリアプロダクトブランド、HAY(ヘイ)の国内初となる旗艦店「HAY TOKYO」。
2月に新しく入荷した「SOWDEN BOTTLE」は、3色の巧みな配色が目を惹くポップなステンレスボトル。特徴的な形のポリプロピレン製キャップに、スレンダーなステンレススチール製ボトルとの組み合わせで、温かい飲みものや冷たい飲みもの、どちらにも対応します。

デザインを手掛けたのは、ポストモダンと呼ばれたデザインの代名詞となった前衛クリエイティブ集団、Memphis(メンフィス)の創設者の一人、ジョージ·ソーデン。これまでにオリベッティやアレッシィ、ボダム、スウォッチなど錚々たる世界的メーカーと協働によるプロダクトを発表し、コンパッソ·ドーロ賞をはじめ、数多くのデザイン賞を受賞。ヘイでは他にも幾つかの印象的なプロダクトをデザインしています。

1980年代のポストモダンを彷彿させるソリッドで鮮麗な色使いの「SOWDEN BOTTLE」。至って簡潔でありながらも新しさとオリジナリティを感じるフォルムは、使わないときもテーブルやシェルフにさりげなく飾っておきたくなる特別感を保持しています。

ディスプレイしたくなるステンレスボトル「HAY SOWDEN BOTTLE」

HAY SOWDEN BOTTLE

容量:0.35l

カラー:ライトイエロー、ライトピンク、ブルー

サイズ:直径7cm × 高さ20.5cm

販売価格:5,600円(税抜)

 

容量:0.5l

カラー:グレー、ミント

サイズ:直径7cm × 高さ26cm

販売価格:5,600円(税抜)

https://hay.dk/ms-my/hay/accessories-8b1762fc/