フィリップ·ワイズベッカーが手掛けた伊勢丹の新しい包装紙「radiance」

伊勢丹が百貨店の顔ともいえる包装紙のデザインを1997年以来22年ぶりにリニューアル。2019年2月20日(水)より、フランス人アーティスト、フィリップ·ワイズベッカーがアートワークを手掛けた新しい包装紙「radiance(ラディアンス)」に一新されました。

日常のありふれたモノやオブジェを繊細なラインと独特のタッチで描き出すイラストレーターでありアーティストのフィリップ·ワイズベッカー。
観察から生まれる本質的な線のかたちを追求する彼のドローイング作品は、国や性別を越えて多くの人から愛され、日本でも、JR東日本の広告「行くぜ、東北。」、サントリーの広告「水といきる」、三越の広告「飾る日も 飾らない日も 三越と」、とらやの東京駅駅舎を描いた小型羊羹限定パッケージなど、記憶に残る印象的な作品を数多く手掛けています。

フィリップ·ワイズベッカーが手掛けた伊勢丹の新しい包装紙「radiance」

光が放射状に広がる様子をあらわす言葉「radiance」と名付けられた伊勢丹の新しい包装紙。真っ白な紙の上にどこまでもつながる赤、黄、緑の3色の手描きの線。迷路のように広がる線の間には「I」「S」「E」「T」「A」「N」の文字がひそんでいます。

使われている3色は伊勢丹を象徴するタータンチェックの紙袋からイメージした色。タータンのエスプリが色と線に込められ、紙袋と組み合わせたときの相性やコーディネートを考慮した、新しくも普遍的なデザインに仕上げられています。

フィリップ·ワイズベッカーが手掛けた伊勢丹の新しい包装紙「radiance」

リニューアルに際して、タータンをじっくりと観察し、そして理解するために何度も何度も線を描いたというワイズベッカー。長いプロセスをかけて自分なりの解釈をもとにデッサンを重ねた結果、止まることなく、繰り返しながら、どこまでも回遊する「radiance」を生み出しました。

ワイズベッカーの手から生まれた、一本一本まっすぐ丁寧に描かれた温もりが伝わる色鉛筆の線たち。それは途切れることなく波及的に広がる、贈る人と贈られる人の想いをつなぐ線。
伊勢丹の新しい顔となる包装紙「radiance」は、包みをひらいたあとも、ずっと大切にとっておきたくなる、ほのかな愛着を覚える包装紙です。

伊勢丹の新しい包装紙「radiance」

使用開始:2019年2月20日(水)~

使用店舗:全国の伊勢丹各店

https://cp.mistore.jp/isetan/radiance.html