空気清浄を見える化した新しい空気清浄機「BALMUDA The Pure」

創造的な家電を次々と生み出し続ける新進メーカー、BULMUDA(バルミューダ)が、2013年発売のタワー型空気清浄機「AirEngine」の後継機として、「BALMUDA The Pure(バルミューダ ザ·ピュア)」をリリース。
バルミューダオンラインストア、BALMUDA The Kitchen 松屋銀座をはじめ、全国の主要家電量販店や百貨店、インテリアショップなどにて予約受付を開始、2019年3月14日(木)より販売が開始される予定です。

空気清浄を見える化した新しい空気清浄機「BALMUDA The Pure」

強力な循環気流で部屋中の空気を吸引し、清浄するバルミューダの空気清浄機「AirEngine」を再設計して誕生した、新しい空気清浄機「BALMUDA The Pure」。

大きな特徴の一つが、本体内部で清浄した空気を真上に向かって送り出すと同時に、本体下部に設けられた四角い吸気口から大量の空気を吸い込む ”プッシュ&プル” の設計思想。
航空機のジェットエンジンで使われるテクノロジーを応用したバルミューダ独自の整流翼で天井まで届く大風量を実現し、部屋中の空気をダイナミックに、そして静かに循環させます。
毎分7,000リットルに及ぶ大容量の空気を清浄し、放出することで、部屋の空気を隅々まで素早くきれいにします。

空気を清浄する役目を担うのが内部に組み込まれた、TrueHEPAフィルターと活性炭脱臭フィルターの2つの高性能フィルター。TrueHEPAフィルターでホコリや花粉、PM2.5やハウスダスト、カビやウィルスなど微細な粒子を99.97%キャッチし、さらに活性炭脱臭フィルターで、タバコ臭やペット臭など気になるニオイを瞬時に除去します。

空気清浄を見える化した新しい空気清浄機「BALMUDA The Pure」

清浄した空気を真上に送り出すと同時に、吸気口から大量の空気を吸い込む

そしてもう一つの大きな特徴が、動作中に吸気口と空気の流路が点灯する、”空気清浄の見える化”。
例えば灯りを消した夜中のリビングで「BALMUDA The Pure」を稼働させた場合、吸気口に空気が吸い込まれて上昇していく、空気の通り道が薄暗く光り、光の柱が生まれます。それは空気が清浄され続けているサイン。光の柱を通って清潔な空気へと変わっていく様子が目でしっかりと確認できます。

空気清浄を見える化した新しい空気清浄機「BALMUDA The Pure」

ホコリや花粉などが吸気口に吸い込まれていく様子

空気清浄を見える化した新しい空気清浄機「BALMUDA The Pure」

美しく光る空気の通り道

本体のデザインは限りなくシンプルに。レッド ドットデザイン·アワードや、iF デザイン·アワードなど国際的権威あるデザイン賞を受賞した前モデル「AirEngine」のデザインを受け継ぎながらもさらに一層シンプルに仕上げ、ただただ清潔さだけを追求した「BALMUDA The Pure」。

あえて存在感を抑え、一年中リビングに置いても他の家具の邪魔をせず、生活との調和を目指した違和感のないかたちで日常に潤いを与えます。

空気清浄を見える化した新しい空気清浄機「BALMUDA The Pure」

BALMUDA The Pure(バルミューダ ザ·ピュア)

製品寸法:幅260mm × 奥行き260mm × 高さ700mm

製品重量:約7.4kg(フィルター含む)

販売価格:56,160円(税込)

販売開始:2019年3月14日(木)〜

https://www.balmuda.com/jp/pure/