カフェ·アアルト併設。ハッリ·コスキネン監修のカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」

© HARRI KOSKINEN / FRIENDS OF INDUSTRY LTD.

フィンランドのプロダクトデザイナー、ハッリ·コスキネンがカプセルホテルをデザイン。インテリアデザインやグラフィック、家具などのプロダクト全てをハッリ·コスキネンが監修した「MAJA HOTEL KYOTO(マヤ ホテル キョウト)」が、2019年12月下旬、京都·河原町エリアに誕生します。

「Hut(ハット)」と名付けられた、小屋に見立てた三角屋根のデザインが象徴的なカプセルユニット。ラージサイズの「walk-in hut」20室と、スタンダードサイズの「sleep in hut」40室の客室総数60室が設けられ、内部の照明やスイッチ、テキスタイルなど全てがオリジナルによるデザインで構成されています。

カフェ·アアルト併設。ハッリ·コスキネン監修のカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」

© HARRI KOSKINEN / FRIENDS OF INDUSTRY LTD.

カフェ·アアルト併設。ハッリ·コスキネン監修のカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」

© HARRI KOSKINEN / FRIENDS OF INDUSTRY LTD.

ホテル名の「MAJA」とはフィンランド語で ”小屋” を意味する言葉。
温もりのある木の素材感を全面に打ち出したカプセルユニットや、柔らかで肌触りのいい上質なリネン、穏やかな読書にも適した機能性の高い照明など、優しく包み込むようなあたたかみを重視したアプローチによって、喧騒から離れて身体を休め、しっかりと睡眠がとれる、快適で安らぎ感のある小さな空間をつくり出しています。

カフェ·アアルト併設。ハッリ·コスキネン監修のカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」

© HARRI KOSKINEN / FRIENDS OF INDUSTRY LTD.

また、1階の共有部にはフィンランドが誇る世界的建築家、アルヴァ·アアルトがデザインを手掛けた、ヘルシンキにあるアカデミア書店内のカフェ「CAFE AALTO(カフェ·アアルト)」が日本初上陸。ヘルシンキに次ぐ待望の2号店目としてオープンします。

アアルトデザインの家具や照明が随所に配置され、アアルトの世界観やフィンランドを体感できるカフェとして世界中から来訪者が絶えない「カフェ·アアルト」。「MAJA HOTEL KYOTO」内に常設される2号店では、フィンランドスタイルの朝食や、フィンランドの伝統料理であるサーモンスープ、また、チーズケーキをベースにしたブルーベリーパイ、甘さ控えめでしっとりとしたシナモンロール、さらには「カフェ·アアルト」のオーナー、マルコ·サラチーノがセレクトしたコーヒーやアルコールメニューなども提供されます。

カフェ·アアルト併設。ハッリ·コスキネン監修のカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」

ヘルシンキにある「カフェ·アアルト」

家具、照明、ガラス製品、食器、テキスタイル、時計など様々なプロダクトを手掛け、iittala(イッタラ)のクリエイティブディレクターを務めるなど多くのグローバルブランドで活躍するモダンフィンランドデザインの雄、ハッリ·コスキネンと、歴史と伝統の街、京都との初のコラボレーション。
北欧デザインにも通じるフィンランドの美的感性や自然の要素を取り入れた、居心地のいい小屋のようなカプセルホテルは、国内外から大きな注目を集めることでしょう。

カフェ·アアルト併設。ハッリ·コスキネン監修のカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」

ヘルシンキにある「カフェ·アアルト」

MAJA HOTEL KYOTO

所在地:京都府京都市中京区柳馬場通六角上る槌屋町92

客室数:ラージサイズ20室、スタンダードサイズ40室

オープン時期:2019年12月下旬

予約開始時期:2019年10月下旬~(予定)

https://maja-hotel.com