泊まれる茶室がコンセプトの茶室型カプセルホテル「hotel zen tokyo」

ミニマルな ”禅” を演出する新しいカプセルホテル「hotel zen tokyo(ホテル·ゼン·トーキョー)」が、2019年2月、東京·中央区日本橋にオープンします。

最もミニマルな宿泊形態として海外から注目を集めている日本発祥のカプセルホテルと、世界的に人気の高い日本の茶室文化を掛け合わせた「hotel zen tokyo」。”泊まれる茶室” をコンセプトにした、これまでにない全く新しい茶室型ユニットのカプセルホテルです。

千利休が16世紀後半に生み出した茶室の傑作「妙喜庵(待庵)」に強くインスパイアされたカプセルデザイン。茶室特有の小さな出入り口の躙り口や床の間など、伝統的な茶室のディテールはそのままに、機能のあらゆる面が21世紀型に再解釈されています。

泊まれる茶室がコンセプトの茶室型カプセルホテル「hotel zen tokyo」

客室種類は計5タイプあり、うち3タイプは茶室カプセル、より広さを確保した残りの2タイプはコンクリートと木の素材を最大限に活かしたコーナールーム。
各室にはシングルまたはセミダブルのシモンズ製ベッド、床の間の形をした金庫キャビネット、電源、無料WiFi、衣類をかけるハンガー、アメニティセットなどを整備。
また、天井までの高さを通常のカプセルホテルよりも格段に高い2.2mまで広げて、ラグジュアリーさが感じられる和モダン空間に仕上げています。

泊まれる茶室がコンセプトの茶室型カプセルホテル「hotel zen tokyo」

また、館内には広々とした共用スペースが2フロア分、面積にして約300㎡設けてあり、仕事スペースとして使えるワークラウンジや飲食可能なバーラウンジ、コインランドリールームなど、目的に応じた多様な施設を用意。
鉄のフレームを用いた巨大な茶室オブジェが目を惹く、和のしつらえを現代的に表現したバーラウンジは、朝はゲスト用の朝食スペース、昼は和カフェ、夜は和のエンターテインメントが楽しめる音楽バーと、時間帯によって異なる表情を見せ、日本の「食」「アート」「音楽」を総合的に体験してもらうためのエンターテイメント空間としての役割も担っています。

泊まれる茶室がコンセプトの茶室型カプセルホテル「hotel zen tokyo」

さらに、体験の連続を演出するための重要な要素となるのが空間における細部。家具や照明、小物、食器といった些細なこだわりの積み重ねにより、単なる ”宿” ではなく、宿泊を通じた、”日本文化体験” という付加価値の提供を試みます。

現存する日本最古の茶室建造物「妙喜庵(待庵)」をモチーフにして、至るところに茶室のエッセンスを散りばめた「hotel zen tokyo」。日本のミニマリズムの神髄とも言える茶室的極小空間を通じて、日本文化を世界に発信するという理念を持ったカプセルホテルです。

泊まれる茶室がコンセプトの茶室型カプセルホテル「hotel zen tokyo」

hotel zen tokyo

所在地:東京都中央区日本橋人形町1-5-8

アクセス:人形町駅から徒歩1分、水天宮前駅から徒歩5分

チェックイン:16:00〜24:00

チェックアウト:10:00

ベッド数:78

開業日:2019年2月予定

https://www.hotelzen.jp