デザイン賞3冠達成。世界に認められた空気清浄機。AirEngine / エアエンジン

2013年の”Red Dot Design Award”の”Product Design Award”受賞、同じく2013年の”GOOD DESIGN AWARD”受賞に続き、2014年、ドイツの「iF International Forum Design GmbH」が主催する国際的に最も権威あるデザイン賞のひとつである、”iF Design Award”において、”iF Product Design Award”を受賞した、BALMUDA(バルミューダ)の空気清浄機、「AirEngine(エアエンジン)」。

「AirEngine」は、従来製品のように前面または側面からだけでなく、360°全方位から大気中の空気を吸い込み、清浄、除菌、脱臭し、そして真上に強く送風することで部屋全体の空気をきれいに変えるという、シンプルで合理的な考え方に基づいて開発された製品。
その合理性を実現するために、吸引専用と送風専用の2つのファンを内蔵するという、大胆且つ斬新な発想を採用したこれまでにない空気清浄機です。

現在、既に成熟化しつつある国内の空気清浄機市場。大手家電メーカーにとっては微に入り細に入りの技術開発を付加価値にし、少しづつ新たな機能をプラスして新製品として発表しているのが現状です。
その一見、飽和状態に見える市場の中において、まだ”良い”と思える性能や価値を備えた製品が存在しないと考え、新規参入を果たした日本の家電ベンチャー企業の雄、バルミューダ。これまでの常識を覆した扇風機、「GreenFan(グリーンファン)」を世に送り出した新進気鋭のメーカーです。

デザイン賞3冠達成。世界に認められた空気清浄機。AirEngine / エアエンジン

© BALMUDA Inc.

彼らがまず考えたのは、”そもそも空気清浄機とは?”という根本的な視点から。
空気清浄機は、冷房や暖房のようにシーズン商品ではなく、一年を通して使うことができるもの。また、使用される場所は主にリビングや寝室。それは家族が集う場所であり、くつろぎが求められる場所。
従来の空気清浄機は、そのような空間で使用するにはあまりに無機質で、冷たく、機械的。また、いかにもといったフォルムで存在を誇示するような佇まいでした。
だからこそ「AirEngine」は求められるべき基本性能はもちろんのこと、さらに付加価値として、一年中リビングに置いても違和感のない、多様なスタイルのインテリアとも協調するデザインで生活との調和を目指しました。

角にRをもたせたこだわりの四角柱のフォルムを貫くためや、また、設置面積はA4用紙ほどという、極限まで省スペースに抑えたサイズ設計のためにはコストを惜しまず、さらに、通常はおざなりになりがちな背面や底面に至るまで高い品質で仕上げられています。
得てして市場内の価格競争に巻き込まれ、コスト削減を優先するあまり、どうしても外観の仕上げに妥協を余儀なくされる大手家電メーカーの製品に対して、細かな作業や部品点数が増えても、一貫して美しさを追求するバルミューダの姿勢は、新しい市場を開拓するには正しい選択だと言えます。

そこにあるのは、”見極めるべきはヒット商品が評価されている部分がいったい何か?”という視点。
なぜスマートフォンの中で「iPhone」が最もよく売れているのか。それは必ずしも利便性だけではないはず。全ての付加価値は”より便利に”するためではなく、”それを使うことによって、より気分を良くするために”プラスされていくべきであり、基本性能は、例えば冷房なら冷やす、暖房なら暖めることであり、それを確保することは当然のこと。それに付加価値を加えるなら、利便性や速度、もしくは安いというキーワードよりも、感覚的に”良い”と思える価値を追求していくべきだと彼らは考えているのです。

デザイン賞3冠達成。世界に認められた空気清浄機。AirEngine / エアエンジン

© BALMUDA Inc.

圧倒的な吸引力で部屋中の浮遊物を除去する空気清浄機、「AirEngine」。
空気中には花粉や埃、ウイルス、大気汚染物質PM2.5と人に影響を及ぼす様々な浮遊物が含まれています。その数は、1リットルあたり18万個。それらを劇的に減らすには、高性能のフィルターに部屋中の空気を通して濾過し、吸着した埃やウイルスを不活化させること。
「AirEngine」は独自のWファン構造と360°酵素フィルターを採用することで、より効果的に浮遊物を取り除き、清浄し、除菌し、脱臭し、部屋中の空気を安心できるきれいな空気に変えます。

従来の空気清浄機は1つのファンでフィルターからの吸引と、清浄した空気の送風を行っています。そのため、パワーが弱く、効率的な空気の流れをつくることができず、ただ空気清浄機周辺の空気をかき混ぜているだけというのが実状です。部屋全体の空気を動かさなければ、空気清浄機の周りの、ごくわずかな空気しか清浄することはできません。
それに対し、「AirEngine」は吸引専用、送風専用の2つのファンを搭載。吸引専用のターボファンにより、従来の空気清浄機では困難だった重く、すぐに床に落ちてしまう浮遊物や、部屋の向こう側の遠くに離れた粒子まで引き寄せることを可能にしました。

吸引された空気は、独自形状の360°酵素フィルターで徹底的に清浄され、粒子は除去されます。そして、もう一方の送風専用のグリーンファンにより、真上に向けて力強い風が送り出され、天井から壁、部屋の向こう側まで届き、そして床付近をつたった後、再び吸引力に導かれてフィルターに戻ってくる、理想的な循環気流が生み出されます。

デザイン賞3冠達成。世界に認められた空気清浄機。AirEngine / エアエンジン

© BALMUDA Inc.

デザイン賞3冠達成。世界に認められた空気清浄機。AirEngine / エアエンジン

© BALMUDA Inc.

「AirEngine」に操作ボタンは「電源ボタン」「モード切替ボタン」「ジェットクリーニングボタン」のわずか3つのみ。
それらを本体上部に配置したことで、腰を下ろしたり、かがまずに操作が可能です。24時間、365日使うことを考えた、簡単で使いやすく、分かりやすい、親切な設計です。
また、前面のグリーンに柔らかく光るインジケーターによって、離れた場所からでも運転状況が分かります。

搭載されているモードは4種類。
消費電力5Wで運転可能な、就寝時などに役立ち、最小の動作音で静かに、最小限の空気清浄を提供する「セーブエナジーモード」、空気の状態を監視して、そのときどきに合った最適な強さで自動で風量を調節して運転する「オートモード」、手動で3段階から風量を選ぶことができるほか、循環気流を生かしてサーキュレーターとして使うこともできる「マニュアルモード」、そして、すばやく強力に空気を清浄する「ジェットクリーニングモード」。それぞれ生活に合わせたモード設定によって、無駄なエネルギーを使用せず、効果的に空気を清浄することができます。

デザイン賞3冠達成。世界に認められた空気清浄機。AirEngine / エアエンジン

© BALMUDA Inc.

あくまで使いやすく、分かりやすく、細部まで徹底して検討された結果生まれた、操作性や機能性、デザイン性において随所にユーザビリティを追求したかたち。
そしてそれは、美しく見せるためのストイックなまでのシンプリシティ。白い壁際に置いたときの姿は、壁に溶け込み、同化します。
決して自らを誇らしげに主張することなく、存在感をすっと消しつつも、圧倒的な清浄性能が生活環境を確実に快適なものに変えてくれます。

商品のご購入はこちらから icon

◎ 商品の一部は、SEMPRE.JPicon でご購入いただけます。

Brand:BALMUDA / https://www.balmuda.com/

Category:FEATURE

File Number:010