ミナ ペルホネン過去最大規模の展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」

photo: Mitsuo Okamoto

東京·江東区清澄白河にある東京都現代美術館にて、2019年11月16日(土)から2020年2月16日(日)まで、ファッションブランド、minä perhonen(ミナ ペルホネン)と、そのデザイナー、皆川明に焦点を当てた過去最大規模の展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」が開催されます。

皆川明がミナ ペルホネンの前身となる「minä(ミナ)」を立ち上げたのが1995年。その後、ブランド名を「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」に改め、2020年には設立25周年を迎えます。

一時の流行に左右されない普遍的価値を有する「特別な日常服」をコンセプトに据え、日本各地の生地産地と深いコミュニケーションを重ねながら行ってきたミナ ペルホネンのものづくりは、以降、ファッションにとどまらず、インテリアファブリックや家具、食器、空間デザインなど生活全般へと広がり、今では領域にとらわれない多様な分野での活動を続けています。

“pur”2018-19→AW / photo: Mitsuo Okamoto

オリジナルの生地をつくることから始まる、プロダクトを生み出す独自のものづくりとその思考や世界観をこれまでにない規模で紹介する、都内の美術館では初となる「ミナ ペルホネン展」。
本展タイトルに付された「つづく」という言葉には、100年後を見つめるミナ ペルホネンというブランドの時間的な継続性が示されていると同時に、繋がる、連なる、手を組む、循環するなど、様々なモノや作り手と連鎖し連携しながら何かを生み出していくという、ミナ ペルホネンと皆川明の持続的な想いが込められています。

photo: Mitsuo Okamoto

多義的な意味をもつ「つづく」をキーワードに、会場では生地や衣服、インテリア、食器などのプロダクトに加えて、デザインの原画や印刷物、挿絵など、創作の背景を浮き彫りにする滅多に目にすることのできない作品や資料も併せて展示。また、建築家の中村好文と皆川明、両者のディレクションによる新たな「簡素な宿」のプロトタイプが展示されるほか、現代美術家の藤井光がミナ ペルホネンのものづくりの世界を撮り下ろした映像作品も特別上映されます。

さらに会期中は、エル·デコ ブランドディレクターの木田隆子や、「ほぼ日刊イトイ新聞」を主宰する糸井重里、アートディレクターの葛西薫、ランドスケーププロダクツ代表の中原慎一郎など、各界で活躍するアーティストやクリエイターたちと皆川明とのトークイベントや、ミナ ペルホネンの日本では初となるファッションショーの開催など、多くの関連企画が予定されています。

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

会期:2019年11月16日(土)〜2020年2月16日(日)

会場:東京都江東区三好4-1-1 東京都現代美術館 企画展示室3F

休館日:月曜日(2020年1月13日は開館)、2019年12月28日〜2020年1月1日、1月14日

開館時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)

チケット:一般1500円(1300円)、大学生·専門学校生·65歳以上1000円(800円)、中高生600円、小学生以下無料(小学生以下は保護者の同伴が必要です)

※( )内は前売券料金

※ 20名以上の団体購入は当日券料金から2割引(東京都現代美術館で購入の場合のみ)

※ 身体障害者手帳·愛の手帳·療育手帳·精神障害者保健福祉手帳·被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料

※ 本展チケットで「MOT コレクション」も観覧可能

https://mina-tsuzuku.jp/