ポルトガルを巡って見つけた様々な日用品「Found MUJI Portugal」

東京·渋谷区にある「Found MUJI青山」と、東京·中央区にある「無印良品銀座」にて、2019年12月25日(水)まで、ヨーロッパ最西端の国、ポルトガルにフォーカスした企画展「Found MUJI Portugal」が開催されています。また、10月4日(金)から2020年1月9日(木)まで、その他無印良品の一部店舗でも同展の開催が予定されています。

総じて温暖な気候と言われているポルトガル。南北に長い地形のため、大西洋に面した地域と内陸部では気候に違いがあり、沿岸部では新鮮な魚介が捕れ、内陸では肉、野菜、果物など様々な食材が手に入ります。
そのため、この国の食は多彩で豊か。北部の都市、ポルトには郷土料理のひとつに豚の内臓の煮込み料理があり、肉だけでなく内臓までしっかりと食べ尽くすといいます。
また、海岸沿いの漁師町では、色々な魚をぶつ切りにして、たくさんの野菜と合わせて煮込んだ料理があります。その土地々で手に入る食材を無駄なく美味しく食べることが、結果として多様な食文化につながっているのです。

本展では、ポルトガルのレストランや家庭の食卓で目にするテラコッタの食器をはじめ、ステンレスのトレー、ワイングラスなど、現地で永く、すたれることなく使われてきた日用品の数々を紹介。空気、人、もの、事柄、そして生活全体を取り巻くすべてのことが穏やかにゆっくりと流れている国、ポルトガルで出会った、気候や生活習慣に寄り添いながら、日常の中で生み出された暮らしの道具類が並びます。

販売アイテム(一部抜粋):
テラコッタのライスボウル、オリーブ皿 / ステンレスのオーバルプレート、ベジタブルボウル / アルミの皿、ボウル / 磁器の角皿、ピッチャー / ガラスのワイングラス、脚付グラス / ブリキのパン焼き網 / ラタンの蓋付きかご / 羊毛のスロー / 綿混手織マットなど

Found MUJI Portugal

開催期間:2019年9月20日(金)~12月25日(水)

開催店舗:Found MUJI青山、銀座

 

開催期間:2019年10月4日(金)~2020年1月9日(木)

開催店舗:シエスタハコダテ、渋谷西武、丸井吉祥寺、テラスモール湘南、名古屋名鉄百貨店、イオンモールKYOTO、京都BAL、グランフロント大阪、神戸BAL、広島パルコ、MUJIキャナルシティ博多

※ 取扱い店舗及び、取扱い商品は予告なく変更になる場合あり

https://www.muji.net/foundmuji/2019/09/310-portugal.html