2日間限定オープン。アクタス創業50周年記念ミュージアム「大アクタス博」

インテリアショップ、ACTUS(アクタス)が、2019年7月27日(土)と7月28日(日)の2日間限定で、創業50周年を記念したアニバーサリーイベント「大アクタス博 1969-2019-Beyond50」を開催。アクタス一号店である東京·青山外苑前の青山店を会場に、たった2日間だけの壮大なアクタスミュージアムがオープンします。

1969年からいち早く北欧を中心としたヨーロッパ家具の輸入販売を始め、ライフスタイル型インテリアショップの先駆けとしてオープンしたアクタス。現在、新宿、青山、銀座、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡など全国の主要都市に直営店やパートナーショップを持つなど、創業以来、日本のインテリアシーンを牽引し続けてきたメーカーのひとつです。

1970年から80年代にかけてはイケアの日本総代理店を行い、日本のマーケットに初めてイケアを紹介したほか、ミナ ペルホネンのデザイナー·皆川明のファブリックを椅子の張り地として初めて採用したフリッツ·ハンセン社のスワンチェアをプロデュースするなど、当初から時代を先取る先見の明をもっていた同社。
また、東京·御茶ノ水にある「山の上ホテル」のラウンジに置かれた北欧ノルウェーの家具メーカー·バットネ社のソファ。川端康成や三島由紀夫など昭和を代表する多くの文豪たちに愛されたこのソファも1973年にアクタスが納めたものです。

2日間限定オープン。アクタス創業50周年記念ミュージアム「大アクタス博」

今年で創業50年を迎えることを記念し、”これまでの歴史を振り返り、この先の未来を語るミュージアム” をテーマに、50年分のアクタスの全てが大々的に展示公開される本イベント。
青山店の店頭商品をすべて取り除いてセッティングされた会場では、1969年にわずか7人で始めた小さな北欧輸入家具店から現在までのエピソードが、50年分の写真や当時の販促ツールなどのグラフィック、エポックメイキングとなった商品、ノベルティグッズなどを用いて紹介されます。

また、特設モニターでは、現役のスタッフ700人が好き勝手に考えた「アクタスの未来予想図」と、アクタスのCEO·休山昭が様々な分野の著名人4人と対談を行った「あの人と語るこれからのアクタス」という二つの映像コンテンツが公開され、100年目に向かうこれからのアクタスの姿が提示されます。

さらに、インテリア選びの参考書として高い人気を誇るライフスタイルマガジン「ACTUS STYLE BOOK」の、Vol.1(1996年)からVol.9(2017年)まで全てのバックナンバーが並ぶほか、本会場でのみ購入可能な50周年限定オリジナルミュージアムグッズの販売も予定されています。

2日間限定オープン。アクタス創業50周年記念ミュージアム「大アクタス博」

ACTUS ART MUSEUM 大アクタス博 1969-2019-Beyond50

会期:2019年7月27日(土)、7月28日(日)

会場:東京都港区北青山2-12-28 1階 アクタス青山店

営業時間:11:00〜18:00

入場料:無料

https://www.actus-interior.com/news/1907actusexhibition/