吉岡徳仁の「ガラスの茶室 – 光庵」が東京に。国立新美術館にて特別公開

© TOKUJIN YOSHIOKA + TYD

2019年4月17日(水)から2021年5月10日(月)まで、東京·港区にある国立新美術館の正面入口前にて、日本が誇る世界的デザイナー·吉岡徳仁が手掛けた作品「ガラスの茶室 – 光庵」の特別公開が行われます。

これまでに、ルイ·ヴィトン、カルティエ、スワロフスキー、エルメス、イッセイミヤケなど、名だたるグローバル企業との数多くの協働プロジェクトに携わってきた吉岡徳仁。デザイン、アート、建築など幅広い領域において、自由な着想と実験的なテクノロジーから生み出す作品により、世界に影響を及ぼす創り手の一人として国内外で高く評価されています。
ニューヨーク近代美術館(MoMA)やポンピドゥーセンター、ヴィクトリア·アンド·アルバート博物館(V&A)など、世界の主要美術館に永久所蔵されている作品も多々あり、さらには、先日発表された、東京2020オリンピック聖火リレートーチ「桜ゴールド」のデザインを手掛けたことでも話題になりました。

吉岡徳仁の「ガラスの茶室 - 光庵」が東京に。国立新美術館にて特別公開

© TOKUJIN YOSHIOKA + TYD

透明度の高いガラスの塊により構築された光の空間「ガラスの茶室 – 光庵」。
茶室ではありながらそこには伝統的な畳や掛け軸、生け花はなく、在るのは、まるで水面のような輝きを放つ重厚な床に、天井の一角に配された巨大なクリスタルプリズム。空から差し込む太陽光を直接受けたそのクリスタルプリズムからは ”虹色の光” が放たれ、空間内に七色に輝く幻想的な光の花が現れます。

光の本質をガラスを用いて具現化したとも言える、自然と一体化した非日常的空間。物質と時間の概念から解き放たれた詩的な光景を浮かびあがらせ、日本の美の根源を映し出しています。

吉岡徳仁の「ガラスの茶室 - 光庵」が東京に。国立新美術館にて特別公開

© TOKUJIN YOSHIOKA + TYD

吉岡徳仁の「ガラスの茶室 - 光庵」が東京に。国立新美術館にて特別公開

© TOKUJIN YOSHIOKA + TYD

2011年第54回ヴェネツィア·ビエンナーレ国際美術展にて発表され、2015年には京都の重要文化財に指定された天台宗青蓮院門跡境内、将軍塚青龍殿の大舞台で披露され、世界中の注目を集めた「ガラスの茶室 – 光庵」。
2018年11月から2019年2月までの3ヶ月間、吉岡徳仁の出身地、佐賀県の佐賀県立美術館での九州地区初展示を経て、4月17日(水)からいよいよ東京に上陸、特別公開されます。

吉岡徳仁の「ガラスの茶室 - 光庵」が東京に。国立新美術館にて特別公開

© TOKUJIN YOSHIOKA + TYD

吉岡徳仁の「ガラスの茶室 - 光庵」が東京に。国立新美術館にて特別公開

© TOKUJIN YOSHIOKA + TYD

無機質なガラスが光の屈折によって多様な表情を生み出す、時間の経過とともに刻一刻と変化するその美しい情景を目の当たりにできる貴重な今回の特別展示。
国立新美術館では屋外の正面入口前に設置され、来場者は誰でもその前で足を止め、澄み切った透明なガラスで構築された溜め息がでるほどに雅やかな茶室建築物を間近で観覧することができます。

さらに「ガラスの茶室 – 光庵」とともに併せて展示されるのが、吉岡徳仁の代表作の一つであり、パリのオルセー美術館に常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」。
ダイナミックで彫刻的な造形美は水の塊のようでもあり、表面の波打つデザインは透き通った水面のようでもある、力強さと繊細さが共存する特殊ガラスのベンチに多くの人が魅了されることでしょう。

”光そのもの” を感じることができる自然のエネルギーやオーラを知覚化した二つの作品。ガラスによって生み出される神秘的な光の表現は、人間の感覚を超越する今まで目にしたことのない新たな光の体験を創出します。

吉岡徳仁の「ガラスの茶室 - 光庵」が東京に。国立新美術館にて特別公開

「Water Block」© TOKUJIN YOSHIOKA + TYD

国立新美術館 特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」

会期:2019年4月17日(水)~2021年5月10日(月)

会場:東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館 正面入口

時間:美術館の開館時間に準ずる

休館日:毎週火曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始

観覧料:無料

※ 上記の写真は過去に展示されたときのもので、国立新美術館での展示風景ではありません。

http://www.nact.jp/2019/chashitsu/