現代における民具とは?無印良品主催による企画展「民具 MINGU展」

東京·港区にあるデザインに特化したギャラリー「21_21 DESIGN SIGHT」にて現在開催中の「民藝 MINGEI –Another Kind of Art展」。
この展覧会に合わせて、無印良品主催による企画展「民具 MINGU展」が、同館内の「21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3」にて、2018年12月14日(金)から2019年1月14日(月·祝)まで開催されます。

「民具」とは、長い時を経て庶民の日常を支えてきた生活道具のこと。日本の民俗学を発展させた渋沢敬三によって昭和初期につくられたことばです。

日々のくらしの中で必要に駆られ、身近にある材料を用いて手づくりされた、知恵と工夫がそのままかたちになった道具。手から手へ引き継がれた無駄のないかたちは、自然と共存する日本のくらしの原風景を感じさせます。

一方、1980年の誕生以来、使い手としての生活者の立場に立った視点からシンプルで普遍的な商品を生み出し続けている無印良品。

本展ではさまざまな種類の民具と無印良品の商品、双方の展示を通して、”生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくること” をコンセプトとする無印良品の商品が、現代においての民具になり得ているか?を来場者に問いかけます。

民具 MINGU展

会期:2018年12月14日(金)〜2019年1月14日(月·祝)

会場:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン·ガーデン 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3

時間:10:00~19:00

休館日:火曜日(但し、12月25日は開館)、12月26日(水)〜1月3日(木)

※ 入場無料

http://www.2121designsight.jp/gallery3/