ヴィンテージや最新アイテムが並ぶ「北欧のルーツといま 北欧デザイン展」

2017年11月21日(火)から11月27日(月)まで、東京・新宿区にある伊勢丹新宿店にて、企画展「~北欧のルーツといま~ 北欧デザイン展」が開催されます。

家の中を心地よく豊かに彩ることで、長く厳しい冬を快適に過ごす北欧の暮らし。本展では、北欧の人々に長年愛されているヴィンテージアイテムと現代のニューデザインの両軸に焦点を当て、暮らしを優しく包み込み、日常に穏やかな安らぎを与えてくれる北欧デザインの普遍的な魅力が紹介されます。

ヴィンテージや最新アイテムが並ぶ「北欧のルーツといま 北欧デザイン展」

現代のニューデザインからは、スウェーデン家具の巨匠、カール・マルムステンのハイバックチェアや、壁掛け収納ブランド「ストリング」のウォールシェルフ。
スウェーデンの白樺作家、ブロール・フォシュルンドの白樺バケツバックや、プロダクトブランド「ファインリトルデイ」のカッティングボード、丸トレイ。
スウェーデン王室の御用達ブランド「コスタ ボダ」のジャグやタンブラー、ボウル。
「ファブラスグース」のウールが苦手な人にもお薦めの手触り柔らかなブランケット、「ヨブス」のクッションカバー、「クリッパン」のストール。
サウナ発祥の地、フィンランドで生まれたスパブランド「ルインスパ」のバスローブや、「サンマルランメス」の一点一点がハンドメイドのトレイ付きフェルト人形。
デンマークの人気デザイナー「アンヌ・ブラック」の陶磁器ジュエリー、北欧デザインの最先端を走る腕時計ブランド「ブルブル」のデザインウォッチなど。

また、ヴィンテージアイテムからは、デンマークのテーブルウェアブランド「ロイヤルコペンハーゲン」の食器やフラワーベース、同じくデンマークの陶器ブランド「スーホルム」のテーブルランプ。
フィンランドデザインの草分け的ブランド「アラビア」のカップ&ソーサー。
インテリアショップ「ロイズ・アンティーク」が北欧で買い付けたヴィンテージのスモールチェストやサイドボード、ブックシェルフなど。

新旧の北欧家具からテーブルウェア、キッチンアイテム、ファブリック、アクセサリーまで、日用品でありながらもインテリアの一部になりえる様々な北欧デザインが展示され、その場で販売されます。

~北欧のルーツといま~ 北欧デザイン展

会期:2017年11月21日(火)~11月27日(月)

会場:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館7階=催物場

時間:10:30〜20:00(最終日は18:00まで)

http://www.isetanguide.com/

同時展開 バルト3国の雑貨たち

会期:同上

会場:同上