芸術文化の新発信地、天王洲で開催「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」

2017年10月5日(木)から10月8日(日)まで、東京·品川区にある寺田倉庫にて、アートに特化したアジア最大のブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」が開催されます。

2009年から始まり、今年で9回目を迎える本イベント。新しいアートの発信拠点として注目を集める地区、天王洲アイルを会場に、国内外の出版社、書店、ギャラリー、アーティストなど約350組の出展者が一堂に会します。

さらに天王洲周辺のギャラリーやショップとも連動。メイン会場である寺田倉庫近くに位置するアート複合施設「TERRADA ART COMPLEX」や、写真に特化した新しいギャラリー「IMA gallery」、ライフスタイルショップ「SLOW HOUSE」、建築模型工房 「Architecture Model Workshop」などでも、期間中は様々な展示やイベントが予定され、地区全体を巻き込んだ過去最大規模のスケールで展開されます。

芸術文化の新発信地、天王洲で開催「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」

また、毎年ひとつの国や地域に焦点を当て、その地域の出版文化を紐解く特別企画「Guest Country」では、現在のアートブックシーンにおいて最も大きな地殻変動が起きている中国、韓国、台湾、シンガポールの4ヶ国をフィーチャー。目覚ましい進化を遂げるアジア圏におけるアート出版の最前線が紹介されます。

芸術文化の新発信地、天王洲で開催「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」

そのほか、世界最高峰のアート出版社と言われるドイツのSteidl(シュタイデル)社と共同で創立したブックアワード「Steidl Book Award Japan」の受賞者8名による特別展示や、世界的アーティスト·横尾忠則が装丁を手掛けた書籍や雑誌を一堂に集めた展示·販売会、資生堂の企業文化誌「花椿」の80周年を記念するトークショー&バックナンバー公開など、あらゆる角度からアートブックの魅力に迫る多様なイベントや企画が用意されています。
また、運河沿いのウッドデッキではフードやドリンクなどが販売されるほか、来場者がくつろげるラウンジスペースも設けられる予定。

芸術文化の新しい発信地、天王洲でアートブックの “今” を存分に体感できる4日間です。

なお、イベント初日はプレビュー·オープニングレセプションとして開催され、入場券購入の方を対象に、アーティスト·加賀美健が本イベントのために書き下ろした「手ぬぐい by 加賀美健」が先着順、数量限定のノベルティとして配布されます。

芸術文化の新発信地、天王洲で開催「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」

TOKYO ART BOOK FAIR 2017

会期:2017年10月5日(木)~10月8日(日)

会場:東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫

プレビュー·オープニングレセプション(入場料1,000円):

2017年10月5日(木)15:00〜21:00

先行予約サイト(http://peatix.com/

一般会期(入場料無料):

2017年10月6日(金)12:00〜20:00

2017年10月7日(土)12:00〜20:00

2017年10月8日(日)11:00〜19:00

http://tokyoartbookfair.com