無印良品の端材でラグを作る来場者参加型イベント「Handscape」展

東京·千代田区の無印良品有楽町店2階にある「ATELIER MUJI」にて、2017年9月1日(金)から10月29日(日)まで、来場者参加型の企画展「Handscape」展が開催されます。

本展は、スウェーデン在住のアーティストユニット「Studio Brieditis & Evans」と来場者が会場内のギャラリーで協働し、無印良品の商品を作る過程で派生した布の端材を使って、大きなラグを作るというプロジェクト。

ラグのデザインテーマは「雲」。通常は捨てられてしまうものを材料に、デザインやアイデアや人の手のチカラにより美しく温かみのある作品を作ることで、持続可能なものづくりや、新たな価値を自らの手でつくり出すことの楽しさを体感するイベントです。

タイトルの「Handscape」は、「Hand(人の手)」と「Scape(風景)」を組み合わせた造語。訳すならば"人の手が生み出す風景"といったところ。
会場内で制作されるラグは、まるで本物の「雲」さながらに、参加者の手によって少しずつかたちを変え、日々大きくなっていきます。

無印良品の端材でラグを作る来場者参加型イベント「Handscape」

Studio Brieditis & Evans

Studio Brieditis & Evans

デザイン、クラフト、テキスタイルの制作をはじめ、関連商品などの開発を手掛けるアーティスト、カタリーナ·ブリーディティスとカタリーナ·エヴァンスによるユニット。2003年から「Studio Brieditis & Evans」として協働でプロジェクトへの取り組みをスタートさせ、デザインやクラフト、商品開発、テキスタイルリサイクリングなどにおけるお互いのこれまでの経験をもとにして、新たなデザインの表現を見つけるための素材と技術を掛け合わせた実験的な試みを行っています。

ATELIER MUJI「Handscape」展

会期:2017年9月1日(金)~10月29日(日)

会場:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品有楽町2F ATELIER MUJI

時間:10:00~21:00(店舗休館の場合は、それに準ずる)

https://www.muji.com/jp/events/8295/