ミッフィーの産みの親、ディック·ブルーナの展覧会「シンプルの正体」

世界的ベストセラー絵本「ミッフィー」シリーズで知られるオランダの絵本作家、ディック·ブルーナの作品を一堂に集めた展覧会「シンプルの正体 ディック·ブルーナのデザイン展」が、2017年4月19日(水)から5月8日(月)まで、東京·中央区の松屋銀座にて開催されます。

ミッフィーの産みの親で世界で最も有名な絵本作家とも言われるディック·ブルーナ。「ミッフィー」シリーズは全世界で50ヶ国語以上に翻訳され、8500万部以上のロングセラーを記録しています。

また、絵本作家としてだけではなく、グラフィックデザイナーとしても、赤い目をしたクマのキャラクター「ブラック·ベア」シリーズの装丁デザインやポスターなど数多くの作品を残しています。

シンプルという言葉が最もしっくりくるブルーナのデザイン。余計なものは認知できるギリギリまで削ぎ落としつつも、さりげないユーモアやブルーナ独自の情感を織り込む「シンプルさ」が常に作品に潜んでいます。
そしてシンプルであるが故に見る人の想像力を強烈に掻き立て、それぞれの異なる解釈の余地を残しています。

ミッフィーの産みの親、ディック·ブルーナの展覧会「シンプルの正体」

BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna
Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv, 1953-2017 www.miffy.com

1964年に絵本「ちいさなうさこちゃん(ミッフィー)」(福音館書店刊)が日本で初めて翻訳出版されて以来、素朴な温かさをもったそのキャラクターは小さな子供から大人まで、大勢の日本人に愛されてきました。

2017年2月16日、故郷のオランダ·ユトレヒトにて、89歳の生涯を閉じたディック·ブルーナ。
本展では「シンプルの正体」をキーワードに、ブルーナが装丁デザインを担当した200冊を超えるペーパーバックに加え、デザイン原画やスケッチ約40点、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点、さらにポスターの複製など計500点ほどの作品が展示されます。

また、ファッションやグラフィック、プロダクトといったデザイン界で活躍する気鋭の4組のクリエイター、mintdesigns(ミントデザインズ)、KIGI(キギ)、groovisions(グルーヴィジョンズ)、中村至男らが、「シンプルの明日」というテーマのもと、ブルーナ作品からインスピレーションを受けて制作したという新作が初公開されます。

シンプルの正体 ディック·ブルーナのデザイン展

会期:2017年4月19日(水)~5月8日(月)

会場:東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座8階イベントスクエア

時間:10:00~20:00(入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00閉場)

入場料:一般800円(600円)、高校生600円(500円)、小中学生400円(300円)、未就学児無料

※()内は前売り料金

※会期中無休

http://bruna-design.jp