IDÉE CRAFTS CERAMIC EXHIBITION「二階堂明弘 作陶展」

2017年3月17日(金)から4月3日(月)まで、東京·港区にあるインテリアショップ、イデー 東京ミッドタウン店にて、陶芸家·二階堂明弘の作品を集めた企画展「二階堂明弘 作陶展 “Spring is here.”」が開催されます。

栃木県益子で長年に渡り作陶を続けてきた二階堂明弘。2015年に拠点を千葉の袖ケ浦へ移し、日々精力的な活動を行っています。
近年は国内だけにとどまらず、海外にも活動の幅を広げ、2015年5月にはニューヨークで海外初の個展「侘びと今」を開催。その他、パリ、ロンドン、台北、上海、北京などでも作品を発表しています。

土の魅力を存分に引き出しつつ、極限とも言える薄造りを追求した繊細な美しさをもつ二階堂の器。奇をてらうようなところはないシンプルで使いやすい形は、和洋どちらのスタイルのテーブルにも馴染む趣のある佇まいをしています。

「器はアートだ」と言う二階堂。しかしそれは、器が一点もののオブジェであるという意味ではなく、生活の中に美を生み出す一つの要素として。客をもてなしたり、花を生けてみたり、中国茶のしつらえで友人と味や香り、談話を楽しんだり。
器は作って完成ではなく、購入した人が自分の生活の中で使うことによって成り立つものという解釈。この二階堂の言葉は、まさに、イデーが大切にしているコンセプト「Life in Art」と重なります。

二階堂が自身の一番のスタンダードと語るのが黒色の器です。人形に命を与えながら自身は影に徹する黒子のように、食材を盛った瞬間から存在感を抑えて食材の引き立て役を目指す、そんなコンセプトを持っている黒色の器。
本展ではその黒色の器を中心に、およそ300点ほどに及ぶ大小さまざまな食器と花器が展開されます。

そして華道家である平間磨理夫の「華」と、書家である根本知の「書」が、器の展示に彩りを添えます。

IDÉE CRAFTS CERAMIC EXHIBITION 二階堂明弘 作陶展 “Spring is here.”

会期:2017年3月17日(金)~4月3日(月)

会場:東京都港区赤坂9-7-4 D-0316 東京ミッドタウン Galleria3F イデーショップ 東京ミッドタウン店

時間:11:00~21:00

※作家在店日:3月17日(金)、18日(土)、26日(日)、4月3日(月)

http://www.idee.co.jp/

オープニングレセプション

日時:2017年3月18日(土)18:00~

器の展示にあわせて、二階堂明弘と親交がある華道家·平間磨理夫、書家·根本知によるライブパフォーマンスが行われます(入場自由)。また、パフォーマンス終了後は、ささやかなパーティーも開催されます。

華道家·平間磨理夫による、花いけワークショップ

日時:2017年3月22日(水)18:00~20:30

参加費:6,500円(税込)+花代 ※1ドリンク付き

ご予約:03-5413-3455まで。または店頭にてお問い合わせください。