北欧照明の名作「PHアーティチョーク」「PH5」の60周年記念モデルが登場

北欧デンマークの照明器具メーカー、louis poulsen(ルイスポールセン)から、デンマーク·デザインの巨匠、ポール·ヘニングセンが手掛けたペンダント照明の代表作「PHアーティチョーク」と「PH5」の誕生60周年を記念した特別モデルがリリースされます。

コペンハーゲンにあるモダンスタイルのレストラン、ランジェリン·パヴィリオンのために1958年に考案された「PHアーティチョーク」。
彫刻的かつオーガニックなフォルムを形成する72枚のシェードに光源の光が正確にあたるよう熟慮された、グレア(眩しさ)のない精細な設計で、目に優しい柔らかく良質な光を生み出します。
また、“光の彫刻” と称されるその芸術的で格調高いデザインは、デンマーク本国では権威の象徴ともされ、とりわけ銀行や省庁、コンサートホールやラグジュアリーホテルなどで採用されることも多く、20世紀の照明デザイン史に残る名作として、その地位を確立させました。

今回発売される60周年記念モデルは、これまで個別の特例オーダーでしか生産されてこなかった真鍮素材のヘアライン仕上げ。大地の色のトーンで上品な鈍い輝きを放つ独特な存在感は、空間の雰囲気を美しくエレガントに変化させます。

2018年10月から2018年末までのごくわずかな期間のみ販売される限定バージョン。シェードにはヘニングセンのサインとともに「PH Artichoke 1958-2018 Anniversary Edition」の文字が刻印されます。
なお、2019年以降は記念刻印なしで引き続き販売される予定とのこと。

北欧照明の名作「PHアーティチョーク」「PH5」の60周年記念モデルが登場

PHアーティチョーク 真鍮

1958年にコペンハーゲンのデンマーク工芸博物館で開かれた展覧会にて発表された、北欧照明を語る上で欠かすことのできない不朽の名作「PH5」。
レストランやカフェ、個人宅、公共施設などに広く浸透し、発売から60年を経た今日もなお、世界中のパブリックスペースやプライベートスペースで愛用され続けています。
対数螺旋という特殊なカーブを持つシェードや複雑な内部構造による眩しさを感じないグレアレス設計。本体下方には多くの柔らかい光が効率よく注がれ、上方には間接的な光が溢れ、全体として優しく心地よい光の渦に包み込まれます。

ヘニングセンの最もアイコニックなデザインとして知られる「PH5」の60周年記念モデルは、銅素材のカッパーシェードと既存のホワイトシェードを組み合わせ、これまでにない深みのある風合いに仕上げられた「PH5 カッパー」とスモールサイズの「PH5ミニ カッパー」の2種類。
鏡のように周囲を映し出す銅製シェードは、ヘニングセンが描いたシェードシステムのデザインを強調させ、自己主張しながらも点灯時や消灯時、さまざまなインテリアと響き合い協調します。

北欧照明の名作「PHアーティチョーク」「PH5」の60周年記念モデルが登場

PH5 カッパー

光、影、グレア、物体の色の再現など、光の基本事項の相互関係を追求し、何よりもまず人々と空間にあたたかみや心地よさをもたらす光を生み出そうとしたポール·ヘニングセン。“光をかたちづくる” というヘニングセンの考え方は、ルイスポールセンはもちろん、何世代にも渡り多くの照明デザイナーに影響を与えてきました。

慣れ親しんだフォルムに新たな表情を与える今回の真鍮、あるいは銅を用いたメタリックバージョン。現代のインテリアデザインの動向である素材本来の質感を感じるナチュラルなトーンは、まさに時代が必要とする雰囲気と素材感、そしてタイムレスな優雅さを保有しています。

北欧照明の名作「PHアーティチョーク」「PH5」の60周年記念モデルが登場

PH 60TH ANNIVERSARY – Louis Poulsen

PHアーティチョーク 真鍮

Φ480:白熱球 / 920,000円(税抜)

Φ600:白熱球 / 1,130,000円(税抜)、LED電球 / 1,200,000円(税抜)

Φ720:白熱球 / 1,230,000円(税抜)、LED電球 / 1,290,000円(税抜)

Φ840:白熱球 / 1,370,000円(税抜)、LED電球 / 1,430,000円(税抜)

発売時期:2018年10月

 

PH5 カッパー

Φ500:LED電球 / 120,000円(税抜)

発売時期:2018年10月

 

PH 5ミニ カッパー

Φ300:LED電球 / 94,000円(税抜)

発売時期:2018年10月

https://www.louispoulsen.com/jp/featured/ph-60/