スープストックトーキョー × 鹿児島睦「スープの器」数量限定販売

食べるスープをコンセプトにしたスープ専門店、Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)から、陶芸作家、鹿児島睦と協働で製作したスープのための器「スープの器」がリリースされました。

大胆でのびやかなモノクロの絵柄が印象的だった2018年のイヤーカップに続き、鹿児島睦とのコラボレーション企画第二弾として実現した今回のプロジェクト。構想は2017年初夏から始まり、有田の窯元を訪れるなど数多くの器を並べて試行錯誤を繰り返す中から、和洋どちらにも馴染む日々の食事のための器が生まれました。

スープストックトーキョー × 鹿児島睦「スープの器」数量限定販売

“食べることや食卓を彩ることは、器を選ぶことから始まるから、日々の食卓に並ぶ器は色や大きさ、かたちなど、もっと自由であっていい。” スープストックトーキョーのその想いを起点にしてスタートした「スープの器」プロジェクト。

モチーフになったのは、現在は作り手が少なくなり、製造が減少傾向にある波佐見焼の「くらわんか椀」。ご飯や汁物をよそったり、お酒を飲んだりと、長崎県の波佐見では江戸時代からずっと庶民の日用品として使われてきた普段使いの器です。
蓋が付いてないのが一般的なその「くらわんか椀」に、今回は蓋を付けて保温性をアップさせ、よりスープに適した器に仕上げています。
また、蓋はご飯ものをよそったり、薬味や漬物を入れる豆皿として活用したりと、使う人のアイデア次第で用途の幅も広がるという自由度も考慮されています。

スープストックトーキョー × 鹿児島睦「スープの器」数量限定販売

そして器の表面に描かれたデザインは、スープストックトーキョーのスープの材料に使われている野菜をモチーフにした、鹿児島らしい朗らかでチャーミングな魅力溢れる絵柄に。

スープストックトーキョー × 鹿児島睦「スープの器」数量限定販売
スープストックトーキョー × 鹿児島睦「スープの器」数量限定販売

伝統的な「くらわんか椀」の形から着想を得て、フォルムをスマートに、持ちやすさや手馴染みを出すため、高台には高さと僅かな傾斜がつけられた「スープの器」。
鹿児島のデザインをベースにして型を作る原型師、その型を用いて陶土の生地を作る生地屋、形になった器に釉薬を施して窯焼きする窯元の職人たち、焼き上がり後に絵付け作業をする上絵付け師。沢山の人の手と時間の重なりから生まれた、想いがぎゅっとつまった器です。

カラーは2色展開で、ともに数量限定販売。2018年4月16日(月)13時からスープストックトーキョー オンラインショップにて予約受付が開始されます。

スープストックトーキョー × 鹿児島睦「スープの器」数量限定販売

スープストックトーキョー × 鹿児島睦「スープの器」

スープストックトーキョー × 鹿児島睦「スープの器」

カラー:白 × 紺、白 × グレー

サイズ:椀(直径約110㎜ × 高さ約80㎜)、蓋(直径約98㎜ × 高さ約35㎜)

椀容量:約250cc

本体重量:約337g(蓋含む)

販売価格:各3,850円(税込)

販売場所:スープストックトーキョー オンラインショップ、及び、5月中旬開催予定のイベント会場にて

販売方法:オンラインショップでの予約販売、イベント会場での販売

販売時期:オンラインショップにて、2018年4月16日(月)13時から予約受付開始

※ 商品の配送は6月以降になります。

※ 購入可能数量、予約方法などの詳細については、4月中旬に発表されます。

https://ec.soup-stock-tokyo.com/