アルネ·ヤコブセンの隠れた名作を復刻リリース。Pot™(ポットチェア)

北欧デンマークの老舗家具ブランド、Fritz Hansen(フリッツ·ハンセン)から、1959年にアルネ·ヤコブセンによってデザインされたラウンジチェア「Pot™(ポットチェア)」が復刻リリースされました。

もともとはヤコブセンが設計全般を手掛けた、コペンハーゲンにあるモダニスト建築「SASロイヤルホテル」のためにデザインされた「ポットチェア」。
「SASロイヤルホテル」は、ヤコブセン自身が設計から内装、家具、照明、建具、カトラリーなど細部に至るまで、建築プロセスのすべての要素に関わったとして知られる、スカンジナビアで最もモダンなホテルです。

「ポットチェア」と同じく同ホテルのためにデザインされたのがヤコブセンの最高傑作と評される「エッグチェア」と「スワンチェア」。これらは上質な空間と贅沢な時間を提供するためのラグジュアリーチェアとしての役割を担い、「エッグチェア」と「スワンチェア」はホテルの顔となるロビーに、そして「ポットチェア」は各階のエレベータ-正面のフロアや館内のオーキッドバーなどに設置されました。

アルネ·ヤコブセンの隠れた名作を復刻リリース。Pot™(ポットチェア)

© Republic of Fritz Hansen

アルネ·ヤコブセンの隠れた名作を復刻リリース。Pot™(ポットチェア)

© Republic of Fritz Hansen

狭スペースでも複数脚置ける小ぶりなラウンジチェアという概念のもと、「エッグチェア」と「スワンチェア」の延長としてデザインされた、隠れた名作「ポットチェア」。
身体を包みこむようなフィット感を確保しながら、適度に体勢を変えられる自由度の高い座りを実現しています。

アルネ·ヤコブセンの隠れた名作を復刻リリース。Pot™(ポットチェア)

© Republic of Fritz Hansen

1959年のオリジナルに忠実な、なだらかで優美なシェイプが目を惹く復刻モデル。
ボディの張り地はダブルパイピングで縫製された質の高いファブリックかレザーを選択でき、ベースの脚はクローム仕上げか、または、ブラックもしくはブラウンの粉体塗装仕上げをセレクトできます。
ファブリックの基本カラーは、落ち着いたペールピンク、素朴で暖かみがあるテラコッタオレンジ、そして深いオーシャンブルーの3色。これらは、フリッツ·ハンセンのデザインチームによって「ポットチェア」のために作り出された新色です。

腰を下ろした人をしっかりホールドしながらも姿勢を固定させず、身体の動きにある程度の余地を残すラウンジチェア。
ホテルやレストラン、カフェ、パブリックスペース、オフィスビルのロビーなど、コントラクトでの使用に限らず、都会のスマートでコンパクトな居住空間にも無理なく収まる、今日のラウンジチェアのあるべき姿を明快に示した一脚です。

アルネ·ヤコブセンの隠れた名作を復刻リリース。Pot™(ポットチェア)

1959年当時のポットチェア © Republic of Fritz Hansen

Pot™(ポットチェア)

サイズ:幅75.5 × 奥行き60cm

ボディ:ファブリック張り、もしくはレザー張り

ベース:クローム仕上げ、もしくは粉体塗装仕上げ

販売価格:207,360円(ファブリック張り)、394,200円(レザー張り)

販売開始:2018年5月1日(火)〜

https://fritzhansen.com/