ルイスポールセンから不朽の名作を小型化させた「PH5 Mini」が登場

世界の照明デザインに多大な影響を与えてきた北欧デンマークの照明器具メーカー、louis poulsen(ルイスポールセン)から、近代照明の父と呼ばれる巨匠デザイナー、ポール·ヘニングセンが手掛けたペンダントランプ「PH」シリーズの新作「PH5 Mini」がリリースされました。

照明器具自体のデザインやフォルムを美しく見せるためではなく、どのようにすれば人や空間を自然に美しく照らすことができるか、という一点にこだわったポール·ヘニングセン。
彼の作品の中でもとりわけ、3枚シェードのペンダントランプ「PH」の延長として1958年にデザインされた「PH5」は、デンマーク·デザインの傑作に数えられ、その革新的なグレアフリー構造と拡散する光の美しさで、世界中の一般家庭をはじめ、レストラン、カフェ、公共施設などに広く浸透し、今なお多くの人々に愛され続けています。

ルイスポールセンから不朽の名作を小型化させた「PH5 Mini」が登場

© louis poulsen

独特のカーブを描く大きさの異なるシェードを複数組み合わせることで、各シェードの内側に光を反射させてから周りに光を拡散させる「PH5」。
この構造により、シェードの隙間からは光源が見えにくくなり、直接光が目に入ることを防ぎ、不快な眩しさ(グレア)を抑えます。そして、下方には多くの柔らかい光が効率よく注がれ、上方には間接的な光が溢れ、全体として優しく心地良い光に包まれます。

ルイスポールセンから不朽の名作を小型化させた「PH5 Mini」が登場

© louis poulsen

今回新しくリリースされた「PH5 Mini」は、ポール·ヘニングセンの秀逸なアイデアとデザインの基本を変えることなく、名作を一回り小型化させ、現代の多様でクリエイティブな暮らしに添うよう新たな価値を追求したモデル。
メインシェードのサイズは「PH5」が直径50cmなのに対し、「PH5 Mini」では直径30cmとコンパクトにリサイズされています。

また、色彩の専門家との共同開発により選ばれたカラーは、最上段に最も濃い色が配置され、2段目以降シェードごとに淡いトーンになっていく配光特性を強く意識したグラデーション。
ブルー·グラデーション、レッド·グラデーション、オレンジ·グラデーション、ローズ·グラデーション、グリーン·グラデーション、グレー·グラデーションの画期的な6色と、クラシック·ホワイト、モダン·ホワイトの2色を加え、全8色での展開です。

ルイスポールセンから不朽の名作を小型化させた「PH5 Mini」が登場

© louis poulsen

PH5 Mini(PH5 ミニ)

シェード色(+内部のミニリフレクター色):
クラシック·ホワイト(+ブルー)、モダン·ホワイト(+ローズ)、ブルー·グラデーション(+レッド)、レッド·グラデーション(+グリーン)、オレンジ·グラデーション(+ブルー)、ローズ·グラデーション(+グリーン)、グリーン·グラデーション(+レッド)、グレー·グラデーション(+ローズ)

電球:E17 LED電球(白熱電球60W相当)

材質:アルミ(シェード、フレーム)、フロストガラス(ボトムカバー)

質量:0.8kg

サイズ:φ300㎜ × H163mm

販売価格:69,000円(税抜)

http://www.louispoulsen.com/