リサ·ラーソンから新作ハリネズミ「うまれかわりのハリー」数量限定販売

北欧スウェーデンを代表する陶芸作家、リサ·ラーソンの陶器オブジェシリーズから、ハリネズミ作品の新作「うまれかわりのハリー」がリリースされました。

もともと1979年に絶滅危惧動物を保護する目的で、リサ·ラーソンが世界自然保護基金「WWF」のためにデザインを手掛け、全世界2200体限定で販売されたハリネズミ作品。リサ·ラーソンがまだグスタフスベリ社に在籍していたときの作品で、現在では入手困難なコレクターズヴィンテージアイテムとして知られています。

その後、当時の作品を彼女自身がリデザインしたグレーバージョンのハリネズミ「グレーのハリー」が2013年に全世界600体限定で販売され、さらに、2015年にはブラウンバージョン「ブラウンのハリー」が全世界500体限定で販売されました。

リサ·ラーソンから新作ハリネズミ「うまれかわりのハリー」数量限定販売

左:オリジナル作品(1979年)、右:うまれかわりのハリー(2017年)© Lisa Larson

今回待望の新作としてリリースされた「うまれかわりのハリー」は、背中の針や顔の表情などリアルなハリネズミをイメージした当時のオリジナル作品とは雰囲気が異なり、あどけない表情と、より丸みを帯びた愛らしいフォルムで、大きさも手の中にすっぽりと収まるコンパクトなサイズ感。
そして、ハリネズミ3兄弟として既にお馴染みの「イギー」「ピギー」「パンキー」と同じ釉薬が用いられ、触ったときの感触も同じように仕上げられています。3兄弟と一緒に並べて飾っても統一感のある姿形です。

リサ·ラーソンから新作ハリネズミ「うまれかわりのハリー」数量限定販売

専用の巾着とボックス付き © Lisa Larson

長年に渡り、リサ·ラーソンの陶器を作り続けているスウェーデンのケラミックスタジオで一点一点、熟練の職人たちの手によって丁寧に作られる「うまれかわりのハリー」。焼き上がりには微妙な差が出るため、表情や色合いなど、ひとつひとつ個性豊かな作品に。
腹部にはシリアル番号がナンバリングされ、専用の巾着とボックス付きで、全世界1000体限定での販売です。

リサ·ラーソンから新作ハリネズミ「うまれかわりのハリー」数量限定販売

左から、イギー、ピギー、うまれかわりのハリー、パンキー © Lisa Larson

うまれかわりのハリー

素材:陶器

重量:150g

サイズ:W61 × D85 × H70mm

生産国:スウェーデン

販売数量:全世界1000体限定、シリアルナンバー入り(予約販売)

販売価格:19,440円(税込)

https://www.lisalarson.shop/