心弾む色彩のコンビネーション「Stool 60 minä perhonen series」

北欧モダンを代表するフィンランドのインテリアブランド、Artek(アルテック)から、他にはない詩的なテキスタイルを作り続ける日本のファッション&テキスタイルブランド、minä perhonen(ミナ ペルホネン)の生地を張った特別バージョンのスツール60「Stool 60 minä perhonen series」がリリースされました。

フィンランドのモダニズム建築の巨匠、アルヴァ·アアルトによってデザインされた歴史的名作、スツール60。
アルテック創業以来800万脚以上の売上を誇るこのロングセラープロダクトは、日本で最も知られているデザインファニチャーの一つ。時代を超えたスタンダードとして受け継がれていくスツール60は、永遠に揺るぐことのないデザインそのもの。もはや単なる家具ではなく、ファッションとして、あるいは建築的なオブジェクトとしても成立しています。

心弾む色彩のコンビネーション「Stool 60 minä perhonen series」

photo by Kazuhiro Shiraishi

2008年から親交を重ね、協働による幾つものプロダクトを発表してきたアルテックとミナ ペルホネン。

今回スツール60の座面を纏うのは、ミナ ペルホネンが開発した新素材の生地「dop」。両面モールスキンのファブリックを用いたダブルフェイスの生地「dop」は、長い年月使い込む過程で表面の糸が擦り減り、裏面の異なる色の糸が新たな表情として現れます。劣化ではなく変化させることで、経年変化を楽しみながら愛着を持って永く使用することができる生地です。
そして、繊細に起毛された滑らかな肌触りの表面には、穏やかな空気の中をふわりと舞う「choucho」と、ミナ ペルホネンを代表する「tambourine」の柄が刺繍で施されています。

心弾む色彩のコンビネーション「Stool 60 minä perhonen series」

photo by Kazuhiro Shiraishi

今後もテーマやカラーを変えながら継続してリリースされるスツール60×ミナ ペルホネンのコラボレーションシリーズ。
10種類がラインナップされた今回の第一弾では「偶然の調和」をコンセプトに、デザイナー皆川明により、座面の生地の色に合わせてスツールの脚の色がセレクトされています。

「choucho」と「tambourine」の2柄が用意された座面の生地は計10種類、そして美しい曲木の脚には8種類のカラーリングが用意された「Stool 60 minä perhonen series 1」。
それぞれの脚の色と座面の「dop」が緩やかに繋がり調和する、心弾む色彩のコンビネーションを組み上げた唯一無二のスツール60が誕生しました。

2017年9月1日(金)より一部のアルテック取り扱い店舗及び、ミナ ペルホネン直営店、オンラインショップにて受注販売がスタート。10月21日(土)からは店頭でも販売が開始されます。

心弾む色彩のコンビネーション「Stool 60 minä perhonen series」

photo by Kazuhiro Shiraishi

”完璧な色の計算は逆に他の色との調和を拒んでしまいます。スツールの脚の色と座面は互いに良い距離で繋がり周りの空間にある色とも緩やかに繋がる余白を持つ。そうすることで空間は野原の草花のように自然な繋がりを持つでしょう。”
ミナ ペルホネン デザイナー 皆川 明

Stool 60 mina perhonen series 1

01. 座面:choucho オレンジ / 脚:ダークブルーラッカー

02. 座面:choucho ネイビー / 脚:レッドラッカー

03. 座面:choucho グレー / 脚:セージグリーンラッカー

04. 座面:choucho オリーブ / 脚:ピンクラッカー

05. 座面:choucho ブルー / 脚:クリームラッカー

06. 座面:tambourine スモーキーグリーン / 脚:ウォールナットステイン

07. 座面:tambourine イエロー / 脚:ナチュラルラッカー

08. 座面:tambourine ベージュ / 脚:ナチュラルラッカー

09. 座面:tambourine グレー / 脚:ハニーステイン

10. 座面:tambourine インディゴ / 脚:ハニーステイン

販売価格:各37,000円(税抜)

https://ja-jp.facebook.com/notes/artek-japan/