ピエト·モンドリアンの作品にインスパイアされた新作アンブレラ

ニューヨーク近代美術館(MoMA)のミュージアムショップ「MoMA Design Store」から、抽象絵画の先駆者、ピエト·モンドリアンの作品にインスパイアされたオリジナルアンブレラの新作2点がリリースされました。

ピエト·モンドリアンはオランダ出身の画家。水平と垂直の直線によって分割した画面に、色の三原色(赤、青、黄)と無彩色(白、黒、灰)のみを用いて構成した作品群は非常に印象深く、あまりにも有名です。

ピエト·モンドリアンの作品にインスパイアされた新作アンブレラ

新作のスクリーンプリントが鮮麗な長傘は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品に選ばれているピエト·モンドリアンの代表作「赤、青、黒、黄、灰のコンポジション(1921)」をモチーフにしたもの。

また、折りたたみ傘のほうは「赤、青、黄のコンポジション(1921)」がイメージソースになっています。

ピエト·モンドリアンの作品にインスパイアされた新作アンブレラ

MoMA Design Store 新作オリジナルアンブレラ

MoMA モンドリアン アンブレラ:7,344円(税込)

MoMA モンドリアン アンブレラ 折りたたみ:4,860円(税込)

https://www.momastore.jp/icon