「BALMUDA The Toaster」2017年春モデルにグレーが登場

最高の香りと食感を実現する感動のトースターとして、2015年5月の発売以降、出荷台数は既に20万台以上にも上る「BALMUDA The Toaster」。
2017年春モデルとして、従来のブラック、ホワイトに加え、グレーがリリースされました。

「BALMUDA The Toaster」は、バルミューダ独自のスチームテクノロジーと完璧な温度制御によって、表面はさっくりとしながらも、中は水分を閉じ込めてフワっとしたトーストに焼き上げる、これまでにない最高品質のトースターです。

調理する際に5ccの水を入れ、パンの表面に薄い水分の膜を作ってから焼き上げる、独自開発のスチーム技術。また、トースターとしてはありえないほどのデジタル演算と複雑なアルゴリズムを処理し、絶妙な焼き上がりを実現する徹底した温度管理。
ベーカリーで買ってきたパンを温め直すリベイクも「BALMUDA The Toaster」なら、焦がさずに中まで熱々に温めることができます。バターの香りがより高く、小麦はさらに風味豊かに。パイ生地は焼きたてのさっくり感がよみがえります。

2015年度にはグッドデザイン賞金賞(日本)、2016年度には、iFデザイン·アワード(ドイツ)など国際的に権威のあるデザイン賞を受賞し、いまや日本国内のみならず世界各国で高い評価を獲得しています。

「BALMUDA The Toaster」2017年春モデルにグレーが登場

© BALMUDA Inc.

2017年春発売モデルでは、お餅やグラタンを焼くなどの一般的なオーブントースターのように調理する「クラシックモード」が、ワット(W)表示から温度(℃)表示に変更されました。また、到達温度を170℃、200℃、230℃になるよう制御することで、これまでの300W、600W、1300Wといった出力ワット数による制御よりもトースター調理が行いやすい仕様に改良されています。

ほかにも、5ccカップのサイズの改良や、パンくずトレーの形状の改良、さらには、ブランドロゴが刷新され、2017年春発売モデルでは、新しいフォントのブランドロゴが表示されています。

「BALMUDA The Toaster」2017年春モデルにグレーが登場

© BALMUDA Inc.

そして今回グレーが限定カラーとして追加されました。
グレーは2015年に一度、数量限定で生産され人気を博したモデル。バルミューダが100色以上の中から選び抜いたという、こだわりのカラーが限定復活しました。
シックなトーンの中にも風格と気品が感じられるカラーリング。ウッドテイストのキッチンにも、モダンなステンレスキッチンにも違和感なくしっくりと馴染む、空間との統一感を考えた適度な色合いのグレーです。

販売価格は22,900円(税抜)。バルミューダオンラインストアほか、一部のインテリアショップにて現在販売中です。

BALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ·トースター)

本体寸法:幅357mm × 奥行き321mm × 高さ209mm

庫内寸法:幅274mm × 奥行き204mm × 高さ178mm

製品重量:約4.3kg

販売価格:22,900円(税抜)

カラー:

ブラック / K01E-KG

ホワイト / K01E-WS

グレー / K01E-GW(販路限定モデル)

https://www.balmuda.com/