小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

インテリアショップ「TAIYOU no SHITA」のオーナーでもある家具デザイナー、小林幹也が立ち上げた新しいブランド、TAIYOU&C.(タイヨウ アンド シー)から第一弾のプロダクトがリリースされました。
円形の笠木で、背中を低い位置で支えながら肘掛けにもなる機能的なデザインのチェアや、見る者を幸せな気分にしてくれる三つ葉(3本脚)と四つ葉(4本脚)のクローバーの形状をしたスタッキングスツールなど。シンプルな形でありながらも、デザイナーの個性が感じられる親しみやすい4種類の家具が揃いました。

病院やホールなどの公共施設に求められる椅子は、数多く並べても空間に馴染む形。心地よく座れるだけでなく、立ったり座ったりが楽にでき、スタッキングできる機能性もまた然り。
木には人を癒す力があると言われる通り、ストレスの多い今の時代にあって、ぬくもりが感じられ、高い技術を誇るメイドインジャパンに拘った安心できる木の家具を、主にコントラクト向けに提案しています。

小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

© TAIYOU&C.

小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

© TAIYOU&C.

ROUND / 小林幹也×冨士ファニチア
円形の笠木は、背中を低い位置で支え肘掛けにもなる機能的な形。座面が真円のため、どのような向きでも自然に座ることができます。コンパクトかつ軽量で、7脚までスタッキング可能。控えめであるが個性的な親しみやすさと使い勝手を併せ持つ、「TAIYOU&C.」の精神を象徴する一脚。

小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

© TAIYOU&C.

小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

© TAIYOU&C.

CLOVER 3/4 / リチャード ハッテン×冨士ファニチア
座面がクローバーの形状をしたスタッキングスツール。三つ葉(3本脚)と四つ葉(4本脚)、高さの違う子供用があります。クローバーは見る者を幸せな気分にするもの。野原で幸運を運んでくれるクローバーを探すように、三つ葉と四つ葉の椅子を混ぜて数多く並べるのはきっと楽しいはず。

小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

© TAIYOU&C.

小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

© TAIYOU&C.

KEYSTONE / 倉本仁×冨士ファニチア
円形の座面、前後に開く脚、それを囲い込むアームと背板。この椅子を構成するすべてのパーツが座面横の一箇所で固定された構造のアームチェア。名前の「キーストーン」は、この全体を一点で支える「要」のこと。個性的な形でありながら、スタッキングも可能。

小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

© TAIYOU&C.

小林幹也の新ブランド「TAIYOU&C.」の第一弾リリース

© TAIYOU&C.

HORIZON / 小林幹也×匠工芸
天板が浮いているように見える、軽やかなデザインのテーブル。中央部に入れられたスリットは、オフィス用機器などのコードへの対応を想定したもの。木目の美しさも大きな魅力。色も形も、今回発表された椅子やスツールともマッチするように考えられています。サイズは1400mmから2400mmまで6サイズ展開。細かいサイズオーダーにも対応可能。