京町家をリノベーション。皆川明が手掛けた宿泊施設「京の温所 釜座二条」

ファッションブランド、minä perhonen(ミナ ペルホネン)のデザイナー·皆川明ディレクションによる、京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所 釜座二条」が、2018年8月1日(水)、京都市·二条城東エリアにオープンします。

京都に本社を構える下着メーカー、Wacoal(ワコール)が新事業として展開する宿泊施設「京の温所」。京都という文化や環境のなかで過ごす「もうひとつの日常」をコンセプトとした、日常の安堵感と旅の開放感を感じられる一棟貸切の宿です。

京町家をリノベーション。皆川明が手掛けた宿泊施設「京の温所 釜座二条」
京町家をリノベーション。皆川明が手掛けた宿泊施設「京の温所 釜座二条」

今年4月にオープンした「京の温所 岡崎」に続く二軒目となる「京の温所 釜座二条」。現代生活に寄り添う、光あふれる「住まい」として考えられた空間には、暮らすようにその土地に親しむことで、京都に滞在する喜びへとつながる様々なアイデアが盛り込まれています。

訪れた土地の食材を旅先で調理して楽しむことができる使い勝手のよいキッチン。眺めがよく、居心地のいいダイニング。トオリニワの吹き抜けがここちよく、ヒノキの香りが広がる開放的な浴室。樹齢100年のラカンマキの古木がそびえる中庭を望む、約200冊の蔵書を収めたライブラリーなど、心安らぐ穏やかな日々の時間を過ごすための仕掛けが随所に見られます。

京町家をリノベーション。皆川明が手掛けた宿泊施設「京の温所 釜座二条」
京町家をリノベーション。皆川明が手掛けた宿泊施設「京の温所 釜座二条」

「京の温所」ブランドのネーミングやコンセプト、ロゴデザインの監修を手掛けた皆川明が、自らディレクションを担当し、設計は建築家·中村好文が手掛けた、推定築150年の京町家を現代の暮らしに適した住空間としてリノベーションした「京の温所 釜座二条」。

市内観光の起点としてもアクセスの良いエリアに位置する、2階建ての一軒家作りという宿は、1階にキッチン&ダイニングルームとライブラリー、さらにトランクルームにバスルームとトイレ、そして、螺旋階段を上がった2階にはベッドルームと和室を配置。ベッドルームの奥にはグルーミングスペースが設けられ、メイクアップや書き物ができるコンパクトな机と椅子も設置されています。
シングルサイズが2台並ぶベッドはソフトで快適な寝心地の「シモンズ」のマットレス、敷布団と羽毛布団は「京都西川」のものが採用されています。

また、ライブラリーの椅子やベッドルームのヘッドボードなど、各所にミナ ペルホネンのテキスタイルが用いられているほか、施設内の所々には皆川明セレクトの、暮らしを豊かにする写真や立体作品などのアートピースが飾られています。

京町家をリノベーション。皆川明が手掛けた宿泊施設「京の温所 釜座二条」
京町家をリノベーション。皆川明が手掛けた宿泊施設「京の温所 釜座二条」

3口のIHコンロにオーブンレンジやグリルなども完備された、長期滞在を想定したこだわりのダイニングキッチン。用と美を兼ね備えた豊富な品揃えのキッチンツールやカトラリーに、豆皿から小鉢、どんぶり、マグカップ、グラス、ワイングラスまで揃う食器類。一日の疲れを癒す多彩なアメニティに、ぐっすりと眠りにつける安らぎの寝室と上質な寝具類。

ちいさな京町家が重ねてきた歴史を感じながら、自宅で過ごしているようなくつろぎの時間を提供する、ラグジュアリーな空間ではなく、ほっとできる温かな居場所を目指した「京の温所 釜座二条」。
京都ならではの伝統的な京町家を一軒まるごと楽しみながら、旅という “非日常” と、京都で過ごす “日常” が重なり合う特別な時間を堪能できる、新しい価値をもった宿泊施設です。

京町家をリノベーション。皆川明が手掛けた宿泊施設「京の温所 釜座二条」

京の温所(おんどころ)釜座二条(かまんざにじょう)

住所:京都市中京区釜座通二条下ル上松屋町690-2
※ 地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅 2番出口より徒歩約7分

広さ:2階建て 82平米

部屋:
1階:キッチン&ダイニング、庭のライブラリー、トランクルーム、風呂、洗面、トイレ
2階:ベッドルーム、和室(6畳)
※ チェックイン16:00〜、チェックアウト10:00

料金:一棟貸切で、60,000円~100,000円(税抜、人数と時期により変動)

定員:1~4名

開業日:2018年8月1日(水)

http://www.kyo-ondokoro.kyoto/