グッドデザイン賞の常設オフィシャルショップが「KITTE」にオープン

グッドデザイン賞の国内初となる常設ショップ「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」が、東京·千代田区にある商業施設「KITTE 丸の内」3階にオープンしました。

総面積約180㎡もの広い店内に、最新の2016年度受賞作をはじめ、創設以来60年間に渡るグッドデザイン賞の受賞商品の中から、文具、雑貨、インテリア、食品など、それぞれの時代を代表する商品400点余りをディスプレイ。
柳宗理デザインの「バタフライスツール」や、川上元美デザインの「KISARAGI」ダイニングチェア、森正洋デザインの「G型しょうゆさし」、ジャスパー·モリソンデザインの「ANDO’S GLASS」、阪本やすきデザインの「すみのわ」土瓶、大高知子デザインの「hane ペーパーホルダー」などが整然と並びます。

1957年に創設された公益財団法人日本デザイン振興会が主催の「グッドデザイン賞」。展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、暮らしをより豊かなものへと導くことを目的としたデザインの推奨制度です。
そして、グッドデザイン賞受賞商品のみを販売するデザインショップが「GOOD DESIGN STORE」で、現在までに香港や台湾など海外に5店舗展開されています。

今回オープンした「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」は、日本デザイン振興会協力のもと、400年以上の歴史を持つ建築資材の総合商社·野原産業により運営される国内初の公式ショップ。グッドデザイン賞受賞商品の販売のほかにも、日本のデザインに関する情報を広く発信していく重要な拠点としての役割も担います。

店舗のインテリアデザインをプロダクトデザイナーのジャスパー·モリソン、グラフィックデザインを「すみだ水族館」のロゴなどを手掛けた廣村正彰が担当。そして、ショップのプロデュース及びMD·VMDは、国立新美術館ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」などを手掛けた山田遊率いるmethod(メソッド)が担当。

”前庭のある家”をコンセプトに、店内を「FRONT GARDEN」「DINING ROOM」「LIVING ROOM」「HOBBY ROOM」といった4つのエリアに区切り、それぞれのカテゴリーに基づいた商品を手に取りやすいかたちで展示し、「毎日の生活シーンの中に溶け込むグッドデザイン」をイメージさせる空間をつくり出しています。

GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA

住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 丸の内3階

営業時間:11:00〜21:00(日·祝は、11:00〜20:00)

電話番号:03-5220-1007

休業日:1月1日及び、法定点検日

http://gdst.nohara-inc.co.jp