デザイナーズラグコレクション、nanimarquina / ナニマルキーナ

ラグに羽根を生やし、フロアに置くモダンアートと称される製品を世界中の人々に贈り届けている「nanimarquina(ナニマルキーナ)」は、バルセロナ発のイメージと、インドのクラフトマンシップに基づくハンドメイドで、世界に発信し続けているスペインのラグブランドです。
1986年にデザイナーのNani Marquina(ナニ·マルキーナ)自身が立ち上げたこのブランドは、素材と製造工程の研究には特別な注意を払いながら、ラグやテキスタイル製品のデザインを続けてきました。
そこには“ラグをデザインする”という実に明快でシンプルな理念が流れています。観察力、革新的な努力、感動、そして伝統工芸を現代に取り入れる知識といった多くの価値を組み合わせることで実現される、明らかな目的を表明したもの。それが“ラグをデザインする”ということです。

初期の頃のナニ·マルキーナ自身がデザインしたラグは、当時注目されていた色彩豊かな幾何学模様を取り入れていたこともあり、当初から評判もよく、デザイナーのコンセプトが見事に当たったことを示すものでした。

その後も独創的なデザインとカラーパレットで常に世界中の人々を驚かせてきた「nanimarquina」のラグは、”Red Dot Design Award”、”Elle Deco International Design Awards”、”Spanish National Design Award”、”Singapore Furniture Design Award”など国際的に認められた数々のデザイン賞を受賞。ニューヨークのMOMA storeのコレクションにも選ばれるほど高い評価を獲得するまでに至りました。

またこの20数年の間に、「nanimarquina」社は世界文化賞を受賞するほど、企業としてもモデル的存在へと成長を遂げています。

デザイナーズラグコレクション、nanimarquina / ナニマルキーナ

Topissimo / © nanimarquina

1987年より、材料と工程に徹底的なこだわりを持ち、ラグとテキスタイルプロダクトのデザインをしてきた「nanimarquina」。
企業の歴史は、カラフルな色と1980年代の幾何学的模様のラグからスタートしました。
当時、インテリアは時代の流れと共に現代的なデザインが取り入れられていましたが、その中でラグは変化が乏しく、デザインや色彩は伝統的ペルシャ絨毯の流れを汲むクラシックなものに限られていました。スペイン国内にも、また国外にも、“ラグをデザインする”というまだ誰にも占められていない隙間がありました。

デザインは、ナニ·マルキーナ自身。彼女が生み出した幾つものデザインは人々の心をつかみ、デザイナーズラグを作るというアイデアの成功を揺るぎないものにしました。
それを期に、Javier Mariscal(ハビエル·マリスカル)やPeret(ペレ)、Eduard Samso(エドゥアード·サムソ)など著名デザイナーたちに新しいデザインを依頼するようになり、その結果、バラエティ豊かなサイズやカラーをもつシリーズが誕生し、国際的なマーケットへ押し上げるきっかけとなりました。

その1年後、今度は南インドでの手工芸によるラグ制作をスタート。クラフトマンシップによる新たなオリジナリティを生み出し、消費者に対して、より身近に「nanimarquina」を感じてもらえるようになりました。

デザイナーズラグコレクション、nanimarquina / ナニマルキーナ

Folk / © nanimarquina

手工芸は「nanimarquina」を他と差別化する大きな特徴です。
「nanimarquina」はデザインを生かすような新たな製造方法を開発することで独自性を生み出しています。独自の技法は、糸を染めるところからはじまり、織り込みはもちろんのこと、細部の緻密なところまで全て職人の手作業で作られているところにもあります。
現在、「nanimarquina」のラグは、メキシコ、インド、パキスタンやモロッコなどの伝統的なラグ作りの手法を持つ国々で生産されています。
また、ラグの製造には、現在の安全基準を保障できる細密な技術検査を通ったウール、ジュート、コットンまたはシルクといった天然素材が使用されています。
職人の技術と共に、様々な個性、感情、人々との触れ合い、温もりや親密さがラグに吹き込まれ、ひとつのかたちになるのです。

今なお、「nanimarquina」は、世界の手工業ラグ分野を牽引し、その60%が輸出されています。そして次の時代へと、常にハイクオリティな製品をつくり、提供し続けています。

デザイナーズラグコレクション、nanimarquina / ナニマルキーナ

© nanimarquina

デザイナーズラグコレクション、nanimarquina / ナニマルキーナ

© nanimarquina

「nanimarquina」は、インド、パキスタン、ネパールで、ラグ生産において子供を労働者として法律に反するような使い方をしないよう啓蒙するためのCare&Fair団体にも積極的に参加しています。
1994年以来、Care&Fair団体は違法に子供を労働に携わらせないような運動を行い、これらの国々においてラグの生産に携わる子供たちの教育訓練を進めています。
現在、「nanimarquina」社を含めて、450社がCare&Fair団体に参加、参加企業は、Care&Fair団体を通じて、ラグの輸入によって得られる収入のおよそ1%の資金を、これらの国々における学校、教育訓練、病院及び健康医療プログラムのために捻出しています。
インドで生産されている「nanimarquina」のラグには全てCare&Fair団体のロゴが入り、それが「子供たちを違法に使って生産されたものではない」という認証となっています。

デザイナーズラグコレクション、nanimarquina / ナニマルキーナ

Losanges / © nanimarquina

デザイナーズラグコレクション、nanimarquina / ナニマルキーナ

Lattice / © nanimarquina

デザイナーズラグコレクション、nanimarquina / ナニマルキーナ

Stone / © nanimarquina

「nanimarquina」は、多くのビッグプロジェクトにも参加しています。
これまで受けた最も大掛かりなプロジェクトのひとつに、ジュネーブにある国連欧州本部の人権理事会本会議場と文明の同盟会議室のリニューアルがあります。
このプロジェクトは造形芸術家、Miquel Barcelo(ミケル·バルセロ)と同プロジェクトディレクターの建築家、Toni Esteva(トニ·エステバ)からもたらされました。600平米のホールを埋め尽くす生成りの天然ウール100%を使用、インド製手織りの80枚のラグは、ミケル·バルセロが装飾した天井の色を際立たせました。

また、「nanimarquina」のコレクションでは、多くのデザイナーがその創造性を発揮してきました。
スペイン国内では、Oscar Tusquets(オスカル·トゥスケッツ)、Ana Mir(アナ·ミル)、Martin Azua(マルティン·アスア)、Ricard Ferre(リカルド·フェレ)など、国外では、Ron Arad(ロン·アラッド)、Bouroullec(ブルレック兄弟)、Michael Lin(マイケル·リン)など、その数は年々増え続けています。
それに伴い、「nanimarquina」ブランドの海外での評価はより大きなものになっています。

心躍らせる発色のいい色合わせ、インパクトのあるグラフィカルなアートモチーフ、クラシックなテイストをベースにした表情豊かな柄や模様。どれもが大胆でありながら上品さが失われない、その境界線を強く意識してデザインされた「nanimarquina」のラグ。
敷くだけで部屋に風格が生まれる、他にはない深い価値を持ったラグです。

商品のご購入はこちらから icon

◎ 商品の一部は、SEMPRE.JPicon でご購入いただけます。

Brand:nanimarquina / http://www.nanimarquina.com/

Category:FEATURE

File Number:015