灯りとの自然な付き合い方を提案するコードレスLEDランプ、Bottled / ボトルド

その場を単に明るくするだけでなく、光と影の質感で空間に豊かな表情を生み出し、インテリアエレメントに大きな影響を与える灯り。また、気分に抑揚をもたらし、時には気持ちを和らげて、心地よい時間を過ごすための大切な手段となり、時には音楽のようにエモーショナルな役割も果たす灯り。
灯りが本来持っているそれらの役割を、もっと身近に、ごく自然なかたちで活用できないだろうか。
コードレスLEDランプ「Bottled(ボトルド)」はそんな想いから生まれました。

灯りとの自然な付き合い方を提案するコードレスLEDランプ、Bottled / ボトルド

© ambienTec

明るすぎる日本の夜。日本の夜は、街中、部屋の内外問わず、他のどの国よりも明るいと言われています。
夜になり太陽が沈むと、天井の照明が部屋全体を照らします。天井の蛍光灯の青白い光が室内を煌々と照らす様は、日中仕事しているときとほぼ同じ環境下です。
日中と同じ環境を作り、昼夜問わず、一日を通して明るい光に囲まれて過ごすことが当たり前のようになっている現代の日本の暮らし。それは、部屋の中は明るさが最優先という意識が根付いているからと言えます。

一方、夜が長い北欧では灯りと共に過ごす時間も長いため、彼らは求める灯りのかたちにもこだわりを持っています。
室内での灯りを工夫し、一つの天井照明だけではなく、間接照明やキャンドルなどを上手に使いながら暮らしています。
穏やかな陰影を生み出す、淡く、ややほの暗くも深みのある空間を演出することで、落ち着きのある豊かなくつろぎを感じる暮らしを実現しています。

しかし少し前の日本を想像すれば、電気がまだなかった時代、光源は提灯や行燈、ロウソクだったはず。夜は、それらのほのかな灯りが様々な場所に置かれたり、人がそれらの光源を持って、家の中を移動していたと推測できます。
多少の不自由さはあったのかもしれませんが、日が沈んだ後は、昼間にはない柔らかい闇と光を慈しむ。
夜は人と小さな光源とが共に移動する生活。夜は必然的に陰影が生まれる趣のある空間で安らぎのひとときを過ごす。そんな灯りとの付き合い方をしていたのではないでしょうか。

灯りとの自然な付き合い方を提案するコードレスLEDランプ、Bottled / ボトルド

© ambienTec

「Bottled」はどこへでも好きな場所で心地よい灯りを味わえるように開発されたコードレスLEDランプ。
独自の充電式LEDモジュールを採用し、本体内に充電式リチウムイオンバッテリーを内蔵することで、電源コードを気にすることなく、ベッドサイドやソファサイド、ガーデンやテラスなど自由に持ち運びが可能です。

ワインボトルのような姿をしたこれまでにないデザインは、まるで灯りをそのままボトルに封じ込めたよう。
重厚感あるガラスの内側を特殊加工することで、艶やかさと透明感を併せ持ったかたちを実現させています。

灯りとの自然な付き合い方を提案するコードレスLEDランプ、Bottled / ボトルド

© ambienTec

ガラス表面の透明感ある仕上がりや、ガラスシェードを通したときの光の均一さを得るために、様々な製造上の困難を乗り越えてまであえてガラス製にこだわったのは、食卓に置いて使うことを想定していたから。
ダイニングテーブルで食事に使われるガラスや陶器の食器と並んで置かれるランプは、やはり食器と同じように質感の高いものにしたいという強い想いからです。
ガラスシェードは、内側に特殊な塗料を塗り、外側はグラスのように滑らかに仕上げています。そのため、柔らかく拡散する優しい光がつくり出されるのです。

金属から丁寧に削り出されたベースの上に、そのガラスシェードを重ねてできたボトル型のフォルムは、テーブルに置かれるのにふさわしい、存在感ある美しい造形と質感です。

また、通常は青白い光になりがちなLEDライトを、アンビエントで落ち着いた光を開発することで、あたたかみのある心地よい色味の光を持ったLEDモジュールにすることに成功しています。
さらにエネルギーをできる限り光に変える工夫をすることで発熱を抑えています。そのため、ソファやベッドなどに無造作に置いても問題ありません。
火傷の心配もなく、灯りを点けたままでも手軽に持ち歩くことができ、IPX6相当の防水機能搭載によりアウトドアなど水周りでも使用可能です。

「Bottled」には、0%~100%まで自由に明るさを調節できる無段階調光のほか、「LOW」「MID」「HIGH」「EX-HIGH」と4段階の調光機能も搭載されています。
それぞれのモードでの最長点灯時間は、LOW=100時間、MID=24時間、HIGH=8時間、EX-HIGH=4時間。1回5時間の充電で、最長100時間の連続点灯が可能です。
かなり明るめの「HIGH」モードでも充電してあれば8時間使用できるため、例えば平日、家に帰ってから就寝までの間を考えても十分の時間、「Bottled」の灯りだけで過ごすことができるほか、停電時や非常時のライトとしても高い能力を備えています。

灯りとの自然な付き合い方を提案するコードレスLEDランプ、Bottled / ボトルド

© ambienTec

「Bottled」は、言うならば“不均一の照明”。
均一な照明とは、いわゆるオフィスの照明で、天井に蛍光灯が多数埋め込まれ、広いオフィスのどのデスクの上も明るく均等に照らすことができるというもの。昼間の太陽のように上から下へ、全てを隈なく照らす光。
一方、不均一の照明とは、明るさにグラデーションがあり、暗さを孕んだ光。しかしこの程よい不均一さが心を穏やかにし、休息の時間、くつろぎの時間をより心休まる豊かなものに感じさせてくれるのです。

日本特有である四季折々の風情ある夜の闇。
その情緒的な闇の中に、柔らかい灯りが置かれている。あるいは、人が光源と共に移動する。部屋の隅々まで均質に照らすのではなく、必要に応じた場所に灯りを置き、光と陰の赴きある濃淡の変化を楽しむ。
重心の低い位置で最小限必要な灯りを確保することで、奥行きのある落ち着いた空間をつくる。
「Bottled」はそんな灯りとの付き合い方を改めて認識させてくれる照明です。

商品のご購入はこちらから icon

◎ 商品の一部は、SEMPRE.JPicon でご購入いただけます。

Brand:Bottled / http://www.ambientec.co.jp/

Category:FEATURE

File Number:017