オリジナルテーブルウェアも発売。元永彩子個展「piece of old tale」

2018年5月24日(木)から 6月17日(日)まで、東京·渋谷区の表参道ヒルズ西館B2Fにある「PASS THE BATON GALLERY」にて、美術家でありイラストレーターでもある元永彩子の個展「piece of old tale」が開催されます。

雑誌「SPUR」、清水寺のタブロイド紙「FEEL KIYOMIZUDERA」、手紙用品専門店「Winged Wheel」のギフトボックスやクリスマスカードなどで印象的なイラストを手掛け、これまでに森岡書店銀座店や代官山蔦屋書店、ファッションブランド「ミナ ペルホネン」の京都店を会場にして展覧会を行ってきた元永彩子。
私たちのまわりにひろがる何気ないいつものシーンを彼女独自の視点とインスピレーションによって描くことで、シュールでマニアックな世界観をつくりだしています。

元永彩子が現代のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON(パスザバトン)」のためだけに描き下ろした、オリジナルのイラストがあしらわれた限定アイテム「piece of old tale」の発売を記念して開催される今回の特別展示。
会場では、使用には支障がないものの日本の厳しい基準により販売されなかった業務用食器を用いた、オリジナルのプレートやカップ&ソーサーなどのテーブルウェア「piece of old tale」シリーズが販売されます。

オリジナルテーブルウェアも発売。元永彩子個展「piece of old tale」

おばあさんの子ブタ / 2,800円(税抜)

オリジナルテーブルウェアも発売。元永彩子個展「piece of old tale」

ネズミの恩返し / 2,400円(税抜)

オリジナルテーブルウェアも発売。元永彩子個展「piece of old tale」

キツネとツルのご馳走 / 2,800円(税抜)

動物が主人公の8つの世界的童話をベースに、それぞれのシーンを切りとって彼女なりの解釈で描かれたパスザバトンオリジナルのイラスト。彼女の少しの “想像力” というエッセンスをイラストに加えることで、登場する動物にユーモアとアイロニーを与え、心和ませる童話の世界観を表現しています。

また、会期中は、彼女がこれまでに手掛けてきた植物標本、本の扉、楽譜、テーブルクロス、ハンカチ、衣服のパターン紙、人形用の着物、つぎはぎの布など、アンティークの品々をキャンパスに見立てて描いた、人や動物で構成されたドローイング作品や刺繍作品なども併せて展示されます。

繊細な線と丁寧で柔和な配色で描かれる、普通のようでそうではない、どこか少しだけ不可思議で奇妙な彼女の世界は、「きっとこれは私たちのいつもの世界のどこかに存在する。」と、見る側の想像力を大きく掻き立てることでしょう。

オリジナルテーブルウェアも発売。元永彩子個展「piece of old tale」

ドローイング、刺繍作品各種 / 90,000円(税抜)~

元永彩子個展「piece of old tale」

会期:2018年5月24日(木)~6月17日(日)

会場:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F パスザバトン表参道店内 PASS THE BATON GALLERY

時間:11:00〜21:00(月~土)、11:00〜20:00(日·祝)

※ 会期中「PASS THE BATON GALLERY」でのみドローイング作品、刺繍作品も展示販売されます。

https://www.pass-the-baton.com/news/7513/

パスザバトンオリジナルテーブルウェア「piece of old tale」

【プレート】
おばあさんの子ブタ / 2,800円(税抜)
貝の火 / 2,600円(税抜)
ネズミの恩返し / 2,400円(税抜)
ずる賢いクモ / 2,400円(税抜)
ゾウの鼻はなぜ長い / 1,800円(税抜)
2匹のよくばり子グマ / 1,500円(税抜)

 

【カップ&ソーサー】
キツネとツルのご馳走 / 2,800円(税抜)
犬と肉 / 2,800円(税抜)

 

販売時期:2018年5月24日(木)~

販売店舗:パスザバトン表参道店(先行販売)

 

販売時期:2018年6月1日(金)~

販売店舗:パスザバトン丸の内店、京都祇園店、オンラインショップ