ラミーの機能美とデザインの本質に迫る展覧会「thinking tools展」

2018年3月3日(土)から4月8日(日)まで、東京·港区にある東京ミッドタウン ミッドタウン·ガーデン内「21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3」にて、ドイツ屈指の筆記具メーカー、LAMY(ラミー)が生み出すペンのデザイン過程に焦点を当てた展覧会「thinking tools展」が開催されます。

1930年ドイツの美しい古都、ハイデルベルグで創業したラミー。
“機能によって形づくられるデザイン” というバウハウスの精神を受け継ぐデザイン哲学でドイツのみならず、世界中の筆記具市場に新風を吹き込みました。
1966年にゲルト·A·ミュラーがデザインを手掛けたラミー初のデザインプロダクト「LAMY 2000」は、ラミーデザインの原点を伝える永遠のロングセラーとして、今なお多くのデザイナーやクリエイターに愛用され続けています。

ラミーの機能美とデザインの本質に迫る展覧会「thinking tools展」

ドイツの展覧会からのワンシーン

ラミーの機能美とデザインの本質に迫る展覧会「thinking tools展」

ドイツの展覧会からのワンシーン

ラミーデザイン50周年を迎えた2016年に、ドイツ·フランクフルトの応用工芸博物館で開催された「thinking tools展」。
世界巡回展として、ドイツに続いて開催される本展では「LAMY 2000」から「LAMY pico」「LAMY safari」、そして、モダンデザインの巨匠ジャスパー·モリソンによる最新作「LAMY aion」まで、ラミーを代表する様々なペンの初期のプロトタイプやスケッチ画、そして完成品が一堂に展示され、デザインの始まりからプロダクト誕生までの一連の流れが紹介されます。

ラミーの機能美とデザインの本質に迫る展覧会「thinking tools展」

ドイツの展覧会からのワンシーン

さらに、米誌「WIRED」「Time」「The New Yorker」等のグローバルメディアで活躍するイラストレーター、クリストフ·ニーマンが本展のために手掛けたドローイングとインスタレーションを会場全体に展示。
デザインにこだわりを持つ世界中の人々に支持され続けるラミーの、全ての製品に息づく機能美とデザインの本質に迫ります。

また、期間中は限定アイテムとして「LAMY AL-star」の本展覧会エディションモデル(税抜5,000円)や、展覧会図録(税抜3,500円)、ポスター(税抜500円)の販売が予定されています。

ラミーの機能美とデザインの本質に迫る展覧会「thinking tools展」

ドイツの展覧会からのワンシーン

thinking tools.プロセスとしてのデザイン – モダンデザインのペンの誕生

会期:2018年3月3日(土)~2018年4月8日(日)

会場:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン·ガーデン内 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3

時間:10:00~19:00

休館日:火曜日

入場料:無料

photo © DKSHジャパン株式会社

http://www.lamy.jp/