全120枚以上の原画を大公開『キテレツ大百科』×『ドラえもん』展

2018年1月25日(木)から2019年1月15日(火)まで、神奈川県川崎市にある「藤子·F·不二雄ミュージアム」にて、ミュージアム初となる『キテレツ大百科』をメインとした原画展「『キテレツ大百科』×『ドラえもん』~江戸時代の発明と未来のひみつ道具~」が開催されています。

心弾むバラエティ豊かな道具たちが次々と登場する藤子·F·不二雄のまんが作品。中でも代表的なものが、ドラえもんが四次元ポケットから取り出す22世紀の未来の道具「ひみつ道具」です。
そしてもう一つが、キテレツ大百科に登場する手作りの「発明品」たち。江戸時代の天才発明家、キテレツ斎が奇天烈大百科に書き残した過去の道具です。

江戸時代の発明品と未来のひみつ道具たち。双方には意外にも似ている機能をもったアイテムがいくつもあります。
例えば、キテレツ大百科に登場する時空を超える乗り物「航時機」と、ドラえもんの「タイムマシン」、大きな入口から入り、小さな出口から出ると体が小さくなる「縮小門」と「ガリバートンネル」、頭に被ると超能力が使えるようになる「念力帽」と「エスパー帽子」などなど。

これらの原画を見比べながら楽しむことができる今回の企画展。
ほかにも、同じく藤子·F·不二雄のまんが作品『てぶくろてっちゃん』や『ポコニャン』の、ふしぎな道具が登場するシーンの原画も公開されるなど、総勢120枚を超える貴重な原画の数々が一堂に展示されます。

全120枚以上の原画を大公開『キテレツ大百科』×『ドラえもん』展

展示原画イメージ © Fujiko-Pro

また、本展に連動して、3Fのミュージアムカフェではオリジナル限定メニュー「コロ助スパゲティ コロネーゼ(1,200円)」「ドラコロ ハンバーグプレート(1,600円)」「ドラえもん ソボロンヌ〜三色そぼろごはん〜(1,600円)」などが提供されるほか、1Fのミュージアムショップでは、キテレツ大百科の原画が表面に描かれた「Wポケットクリアファイル(486円)」や「奇天烈大百科ノート(669円)」など、限定オリジナルグッズが販売されます。

『キテレツ大百科』×『ドラえもん』~江戸時代の発明と未来のひみつ道具~

会期(前期):2018年1月25日(木)〜7月2日(月)予定

会期(後期):2018年7月7日(土)〜2019年1月15日(火)予定

会場:神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号 藤子·F·不二雄ミュージアム 展示室II

開館時間:10:00~18:00

休館日:毎週火曜日、年末年始

入館料:大人·大学生1,000円(税込)、高校·中学生700円(税込)、子ども500円(税込)

※3歳以下は無料

※入館チケットはローソンチケットにて【完全日時指定制】による予約発売。チケットの発売は毎月30日です

 

主な展示原画(作品名)

通期:キテレツ大百科「ワガハイはコロ助ナリ」「江戸時代の月面図」

前期:キテレツ大百科「念力帽」「脱時機でのんびり」「ボール紙の町」

前期:ドラえもん「エスパー帽子」「時間よ動け~っ」「ゆめの町ノビタランド」

後期:キテレツ大百科「失恋はラブミ膏」「片道タイムマシン」

後期:ドラえもん「ああ、好き、好き、好き!」「ご先祖さまがんばれ」

photo © Fujiko-Pro

http://fujiko-museum.com/