世界的に有名なデザインコレクター、永井敬二の貴重な収集品を公開

東京·千代田区の無印良品有楽町店2階にある「ATELIER MUJI」にて、2018年1月26日(金)から4月15日(日)まで「ギフト デザインの贈りもの展 -永井敬二コレクション- 」が開催されます。

屈指のモダンデザインコレクターとして国内外に広く知られるインテリアデザイナー、永井敬二が所有するプライベートコレクションの一部が紹介される本展。

自宅に溢れんばかりに集積され、さらに4つの倉庫にも大量に収納された彼のコレクションはジャンルも、家具、照明、時計、陶磁器、生活雑貨、電化製品、福祉用品、書籍などなど多岐に渡ります。中でも柳宗理の「バタフライチェア」、ジオ·ポンティの「スーパーレッジェーラ」、ハンス J·ウェグナーの「ザ·チェア」をはじめ、有名無名問わず、計1000脚を超えるヴィンテージチェアのコレクションは圧巻です。

世界的に有名なデザインコレクター、永井敬二の貴重な収集品を公開

コレクションが保管されている永井敬二の部屋を再現

「ものとの出会いは、何かが違うと感じ、心地よい余韻を残す “人” との関係にも似ている」と話す永井。
彼が出会ったプロダクトは、ものとして美しく、道具として優れていることはもちろん、人と人、人と空間を繋ぐコミュニケーションツールとしての役割も担い、プロダクト一つ一つには、”人や暮らしにとってデザインとは何か” という根本的な問いへの答えに繋がる物語が込められています。

類い稀なモダンデザインコレクター、永井敬二がおよそ50年に渡り、自身の手と足と、そして目で世界中から集めた膨大なデザインコレクション。
会場ではその貴重なコレクションの中から、”ギフト” をキーワードにしてセレクトされた、名作からアノニマスなものまで、日々の暮らしを豊かにしてくれるプロダクトの数々が並びます。

世界的に有名なデザインコレクター、永井敬二の貴重な収集品を公開

インテリアデザイナー永井敬二

ギフト デザインの贈りもの展 -永井敬二コレクション-

会期:2018年1月26日(金)〜4月15日(日)

会場:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品有楽町2F ATELIER MUJI

時間:10:00~21:00(店舗休館の場合は、それに準ずる)

https://www.muji.com/jp/events/11221/