ポストモダンの代名詞「ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展

2017年12月2日(土)から12月25日(月)まで、東京·渋谷区にあるデザインギャラリー「SOMEWHERE TOKYO」にて、「SOTTSASS, MEMPHIS, POSTMODERN – ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展が開催されています。

今年生誕100周年を迎え、世界中で展覧会や関連イベントが行われているイタリアデザイン界の巨匠、エットレ·ソットサス。
本展ではソットサスの数々の貴重な作品をはじめ、ソットサスが1981年に立ち上げたデザイナー集団「Memphis(メンフィス)」のメンバーであるミケーレ·デ·ルッキの代表的チェア「First」や、サイドテーブル「Kristall」、また、オートクチュールブランド、Valentino(ヴァレンティノ)とのコラボレーションで近年さらに注目を集めているナタリー·ドゥ·パスクエのフラワーベース「Bon Temps」や「Cauliflower」、さらに、ソットサスと深い交流があり「メンフィス」にも参加した日本が誇るインテリアデザイナー、倉俣史朗のアクリルを用いたフラワーベース「Vase#3」など、小物から家具類まで、ビビットな色使いと独創的な造形を特徴とするポストモダンの、ポップでプレイフルな作品が多数展示されます。

デザイナーの自由な表現を信条として、従来の枠にとらわれないデザインを目指し、1980年代に象徴されるポストモダンデザインの代名詞となった「メンフィス」。
今見てもなお斬新なデザインとその刺激的な色彩は、後世の建築家やデザイナーに大きな影響を与えています。

ポストモダンの代名詞「ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展

テーブルライト「Tahiti」/ エットレ·ソットサス

ポストモダンの代名詞「ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展

チェア「First」/ ミケーレ·デ·ルッキ

ポストモダンの代名詞「ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展

サイドテーブル「Kristall」/ ミケーレ·デ·ルッキ

ポストモダンの代名詞「ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展

フラワーベース「Bon Temps」/ ナタリー·ドゥ·パスクエ

ポストモダンの代名詞「ソットサス、メンフィス、ポストモダン」展

フラワーベース「Vase#3」/ 倉俣史朗

SOTTSASS, MEMPHIS, POSTMODERN – ソットサス、メンフィス、ポストモダン

会期:2017年12月2日(土)~12月25日(月)

会場:東京都渋谷区恵比寿南2-7-1 1F SOMEWHERE TOKYO

時間:13:00~19:00

休み:火曜日

http://www.somewheretokyo.com/