木と真摯に向き合う平山日用品店の展示会「新しいものと古いもの」

2018年1月20日(土)から1月31日(水)まで、京都·宇治に店舗と工房を構える平山日用品店の展示会「新しいものと古いもの」が開催されます。

経年変化による深い味わいや色合いが楽しめる無垢材を中心とした、オリジナル家具やオーダー家具の製作販売を行っている「平山日用品店」。デザイナーの平山真喜子がデザインを担当し、職人の平山和彦が店舗に併設された工房「平山家具製作所」で製作。家具を毎日使う日用品と捉え、一生愛着の持てるものとして、また日々の暮らしに彩りを添えられるものとして、機能から生まれる形を大切にした長く使い続けられる家具を作り続けています。

近年は新作家具の発表に伴う展示会の開催をはじめ、各地で開催される木工家具の展示会やイベントへの出展、新たに東京ショールームの開設、さらには、二人が独自の視点にもとづいてクローズアップした作家やアーティストの個展開催など、着実に活動の領域を広げています。

「新しいものと古いもの」と題した本展では、”木の家具と生活骨董の調和” をテーマに掲げ、これから愛情を持って長く使い続けられる家具と、これまでに長い間愛されてきた生活骨董を同じ空間に展示。見事な融和性をみせる双方の佇まいや、その普遍的な魅力を通して、時を超えて支持され愛され続けるものが持つ美しさの本質に迫ります。

年初を飾る2018年最初の平山日用品店の展示会は、その本質をひたむきに追求する二人の、ものづくりに対する姿勢を改めて提示する展示会です。

また、会場では恒例になりつつある新春セールも同時開催され、ショールームの展示家具や雑貨などがスペシャルプライスにて販売されます。

木と真摯に向き合う平山日用品店の展示会「新しいものと古いもの」

新しいものと古いもの

会期:2018年1月20日(土)〜1月31日(水)※会期中無休

会場:京都府宇治市槇島町十八 52-7 平山日用品店

時間:10:00〜17:00

http://hirayama-ten.com