九州初開催「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」

2017年12月9日(土)から2018年1月14日(日)まで、福岡市·中央区天神にあるアートギャラリー「三菱地所アルティアム」にて、テキスタイルデザイナー、鈴木マサルの九州地区初となる個展「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」が開催されます。

これまでに北欧フィンランドを代表するデザインハウス、marimekko(マリメッコ)社や、同じくフィンランドの老舗リネンメーカー、Lapuan Kankurit(ラプアン·カンクリ)社のデザインを担当してきたほか、自身のオリジナルファブリックブランド、OTTAIPNU(オッタイピイヌ)を主催するなど、国内外の様々なブランドから作品を発表し、現在、日本で最も注目を集めるテキスタイルデザイナー、鈴木マサル。
近年は、腕時計、メガネ、トートバッグ、陶器のオブジェといったプロダクトやファッションアイテム、ソファなど家具へのデザイン提供や空間インスタレーション等々活動の領域を一層広げています。

九州初開催「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」

potato / printed textile / OTTAIPNU 2016

「目に見えるもの、すべて色柄」をテーマにした本展では、テキスタイルやファブリックパネル、傘、ラグなど、鈴木がこれまでにリリースしてきた約100点にも及ぶ作品を用いて会場全体を構成。版の重なりから生まれる奥行きのある色彩に、ユーモア溢れるモチーフとダイナミックなコンポジションがもたらす圧巻の空間が出現します。
また、Artek(アルテック)のスツール60を装飾した、今まで見たことのない座面から脚まですべて色柄バージョンのスツール60も登場します。

九州初開催「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」

umbrella & parasol / OTTAIPNU 2015

九州初開催「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」

MARENCO × Masaru Suzuki / covering textile / arflex japan 2014

心くすぐる鮮やかでポップなテキスタイルや、オッタイピイヌの特徴のひとつである色を重ねて柄をつくる重版を効果的に活用した奥深く伸びやかな配色や柄など、題目通り、目に見えるものすべてが色と柄で埋め尽くされた会場内。
動物や植物など日常的な温かみのあるモチーフを描き出す画力と、大胆な構図、絶妙な色使いで見る人を惹きつける鈴木マサルの、圧倒的な世界観を存分に楽しめる展覧会です。

また、会期中は、テキスタイルを用いてオリジナル缶バッジを作るワークショップやトークイベントが開催されるほか、会場内に併設されたミュージアムショップ「アートショップドットジー」では期間限定のポップアップショップがオープン。オッタイピイヌの代表的プロダクトや書籍などが販売されます。

九州初開催「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」

鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄

会期:2017年12月9日(土)~2018年1月14日(日)

会場:福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F 三菱地所アルティアム

時間:10:00~20:00

休館日:2017年12月31日(日)、2018年1月1日(月)

入場料:一般:400円(300円)、学生:300円(200円)

※( )は前売り料金及び、当日10名以上の団体料金

※再入場可

※高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料

※アルティアムカード会員、三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料

http://artium.jp/

オープニングレセプション《作家来場》

日時:2017年12月9日(土)18:30~20:00

会場:三菱地所アルティアム(イムズ8F)

※参加無料、予約不要

トークイベント「テキスタイルデザインの魅力について」

日時:2017年12月16日(土)開場13:45~、開演14:00~(90分程度)

会場:セミナールームA(イムズ10F)

聞き手:高橋美礼(デザインジャーナリスト)

参加費:500円

定員数:60名(自由席)

申込み:三菱地所アルティアム(092-733-2050)まで要電話予約。12月1日(金)より受付開始。

ワークショップ オリジナル缶バッチをつくろう!

日時:2017年12月17日(日)受付時間13:00~15:00

会場:会議室(イムズ8F)

講師:鈴木マサル

参加費:800円

※予約不要、限定100個(なくなり次第終了)。

※混雑状況により整理券を配布する可能性があります。