ドラえもん×28組のアーティスト「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

2017年11月1日(水)から2018年1月8日(月·祝)まで、東京·港区の六本木ヒルズ森タワー52階にある「森アーツセンターギャラリー」にて、「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が開催されます。

15年前の2002年に開催され、大きな話題を集めた「THE ドラえもん展」の続編となる本展。”あなたのドラえもんをつくってください” という明快でありながら非常に好奇心を刺激するコンセプトに共鳴した、国内外で活躍する日本のアーティストたちが集い、ドラえもんへの各々の思いが詰まった、世界にたった一つの新作アート作品を生み出します。

ドラえもん×28組のアーティスト「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

「あんなこといいな 出来たらいいな」© 2017 Takashi Murakami / Kaikai Kiki Co.,Ltd.All Rights Reserved. © Fujiko-Pro

1970年の誕生以来、日本中に多くの夢を届けている藤子·F·不二雄が創り出した「ドラえもん」。幼い頃にドラえもんと出会い、どこでもドアやタケコプターなど、様々なひみつ道具に心を踊らせ、夢を膨らませてきた彼らアーティストたちが、独自の想像力と感性で、今まで見たことのないオリジナルのドラえもんを表現します。

キュレーターを務める美術史家の山下祐二監修によって召集されたアーティストは、2002年の「THE ドラえもん展」にも出展した蜷川実花、福田美蘭、村上隆、奈良美智、森村泰昌(今回はコイケジュンコと共同制作)の5組に加え、会田誠、梅佳代、小谷元彦、鴻池朋子、佐藤雅晴、しりあがり寿、西尾康之、町田久美、Mr.、山口晃、渡邊希、クワクボリョウタ、後藤映則、近藤智美、坂本友由、シシヤマザキ、篠原愛、中里勇太、中塚翠涛、山口英紀+伊藤航、山本竜基、れなれな、増田セバスチャンら23組が新たに参加して、計28組の豪華なラインナップ。
2002年にも参加した5組のアーティストについては、前回の出展作品も併せて展示されます。

ドラえもん×28組のアーティスト「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

「Wish Weapon」イメージ図 © Sebastian Masuda / Lovelies Lab. Studio © Fujiko-Pro

現代美術家·村上隆による、自身が生み出したキャラクターとドラえもんの数々の名シーンが調和して一体となった作品「あんなこといいな 出来たらいいな」をはじめ、画家·奈良美智による前回同様、ドラミちゃんをモチーフとした作品「依然としてジャイアンにリボンを取られたままのドラミちゃん@真夜中」や、アートディレクター兼アーティスト·増田セバスチャンの、映画「のび太のドラビアンナイト」をイメージソースにした高さ2.3m、幅1.8mもの彼らしい巨大でカラフルなぬいぐるみのドラえもん「Wish Weapon」。
また、彫刻家·西尾康之による、高さ1.8mのドラえもんの彫刻に3DCGのプロジェクションマッピングを投影した作品「Optical Apparition」や、漆造形家·渡邊希の、漆でできた大きな「タイム風呂敷」などなど。
懐かしさもあり新しさもある、これまでにない「ドラえもん」の世界が会場全体を覆い尽くします。

ドラえもん×28組のアーティスト「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

「ドラえもん ひみつ道具図典 ~タケコプター~」© Hidenori Yamaguchi © Wataru Ito © Fujiko-Pro

水墨画家·山口英紀とペーパーアーティスト·伊藤航との共作は、伊藤が制作したペーパークラフトのひみつ道具を、山口が水墨画で細密模写し、さらに説明文を添えた作品「ドラえもん ひみつ道具図典 ~タケコプター~」。

ドラえもん×28組のアーティスト「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

「ときどきりくつにあわないことするのが人間なのよ」© Satomi Kondo © Fujiko-Pro

圧倒的な画力で鋭く挑発的な絵を描く画家·近藤智美による作品は、映画「のび太と鉄人兵団」に登場する鏡面世界をテーマに、2045年の風景と1985年の風景を描いた鏡面世界と現実との矛盾を感じさせる作品「ときどきりくつにあわないことするのが人間なのよ」。ちなみにこの作品タイトルは原作でしずかちゃんが発する言葉。

ドラえもん×28組のアーティスト「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

「To the Bright ~のび太の魔界大冒険~」© Ai Shinohara © Fujiko-Pro

古典的な油彩の技法により性を意識した独自の絵画世界を描き出す画家·篠原愛は、映画「のび太の魔界大冒険」より、ドラえもんたちが人魚の歌でおびき寄せられ、危うくツノクジラに食べられそうになるシーンをモチーフにした作品「To the Bright ~のび太の魔界大冒険~」。作品ではツノクジラや人魚の造形を原作と少し変えて敵対するイメージを緩和。皮膚や鱗の表現、人魚の質感、ドラえもんとのび太の浮遊感など、原作との違いやリアルさが感じられる仕上がりに。

ドラえもん×28組のアーティスト「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

「山本空間に突入するドラえもんたち」© YAMAMOTO Ryuki © Fujiko-Pro Courtesy of Mizuma Art Gallery

ダイナミックな構成と精細な自画像を描く作家·山本竜基の作品「山本空間に突入するドラえもんたち」は、タイムマシンが故障する危機的シーンがある映画「のび太の恐竜」をベースに制作。山本自身の自画像が増殖した異次元空間に、故障したタイムマシンが迷い込むという設定で、浮遊するドラえもんたちやエフェクト効果により、臨場感溢れる作品に。

ドラえもん×28組のアーティスト「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

© Takashi Murakami / Kaikai Kiki Co.,Ltd.All Rights Reserved. © Fujiko-Pro

また、会期中会場内の特設ショップで販売される展覧会オリジナルグッズも注目です。
本展の全出品作を網羅し、参加アーティスト28組の制作風景やインタビューなどをまとめた図録「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」公式図録(2,700円)や、村上隆の出展作品を缶全体にあしらったクッキー缶(1,080円)、Mr.の出展作品を用いた、グラフィカルなデザインにポップな色合いが映えるポーチ(1,296円)、5種類のカラーバリエーションで展開される前面にドラえもんが描かれたトートバッグ(各1,404円)、冷たい飲み物を注ぐと文字が浮かび上がるカラーチェンジグラス(各1,512円)、高さ62mmのドラえもんUDFフィギュア(各1,080円)などなど、総勢300を超える限定オリジナルグッズが登場します。

近年目覚ましい成長を遂げた日本の現代美術を牽引する気鋭のアーティストたちによる絵画、彫刻、漆、写真、アニメ、デジタルインスタレーションなど、多様な技法を用いた最先端の現代アートと、国民的キャラクター「ドラえもん」との奇跡の競演。
ドラえもんを通じて現代アートの “いま” を切り取る展覧会とも言える本展。類なく卓抜した感性の数々に驚嘆し、そして惹き付けられることでしょう。

THE ドラえもん展 TOKYO 2017

会期:2017年11月1日(水)〜2018年1月8日(月·祝)※会期中無休

会場:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階 森アーツセンターギャラリー

時間:10:00~20:00(火曜日は17:00まで)※入館は閉館の30分前まで

観覧料:一般1,800円(1,600円)、中学·高校生1,400円(1,200円)、4歳〜小学生800円(600円)、3歳以下無料

※( )内は前売り·団体料金、価格は全て税込

※団体料金は15名以上で適用。添乗員·引率者は1名まで無料

※障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は、当日料金の半額

 

参加アーティスト:
蜷川実花、福田美蘭、村上隆、森村泰昌(コイケジュンコと共同制作)、会田誠、梅佳代、小谷元彦、鴻池朋子、佐藤雅晴、しりあがり寿、西尾康之、町田久美、Mr.、山口晃、渡邊希、クワクボリョウタ、後藤映則、近藤智美、坂本友由、シシヤマザキ、篠原愛、中里勇太、中塚翠涛、山口英紀+伊藤航、山本竜基、れなれな、奈良美智、増田セバスチャン

http://thedoraemontentokyo2017.jp