ホグランの秘蔵作品も公開「ERIK HÖGLUND EXHIBITION 2017」

2017年9月16日(土)から9月24日(日)まで、東京·渋谷区にある北欧モダンデザインの優れたプロダクトやアートピースなどを扱うヴィンテージショップ「ELEPHANT(エレファント)」にて、スウェーデンのガラス作家、エリック·ホグランの展示会「ERIK HÖGLUND EXHIBITION 2017 エリック·ホグラン展」が開催されます。

北欧スウェーデンを代表するガラス作家の一人、エリック·ホグラン。
ヨーロッパの土着文化や、南米·アフリカの手工芸などに触発されたプリミティヴで自由な作風と、スウェーデンの伝統的ガラス工芸が調和した作品は、素朴さの中に洗練さが同居する高度な芸術的センスを感じさせるデザイン。力強く鮮やかな色遣いや、気泡や歪みを表現の一つとして取り入れた手法は、ホグランの作品の特長と言えます。

1957年には、スウェーデン有数のガラスメーカーBODA社に在籍時の作品が評価され、北欧のデザイナーを対象とした最も権威あるルニング賞を受賞。冷たく、鋭いといったガラスのイメージとは対照的に、ぽってりとしたフォルムや人の手のぬくもりを感じる人間味溢れる作品の数々は、北欧のガラス工芸に新しい風を吹き込みました。
また、25歳という若さでの受賞は、ハンス J·ウェグナー、タピオ·ウィルッカラ、カイ·フランク、ティモ·サルパネヴァなど蒼々たる歴代受賞者の中で最年少での受賞でした。

2009年より毎年開催されてきたエリック·ホグラン展。
10回目となる本展では、ホグランのキャリア初期となる1953年から1973年までのBODA社在籍時に発表されたクリスタルガラスや気泡入りのガラス器、色とりどりの灰皿、ガラスと鉄を組み合わせたシャンデリアやキャンドルスタンドなどの作品が展示され販売されます。

さらに、開催10回目を記念した企画として、長い年月をかけて収集された秘蔵の作品も特別に公開され販売されます。

ホグランの秘蔵作品も公開「ERIK HÖGLUND EXHIBITION 2017」

ERIK HÖGLUND EXHIBITION 2017 エリック·ホグラン展

会期:2017年9月16日(土)~9月24日(日)

場所:東京都渋谷区神宮前4-14-6 表参道ハイツ102 ELEPHANT

時間:12:00~19:00

休み:会期中無休

http://www.elephant-life.com/