クリエイティブユニット、キギの大規模な個展「KIGI WORK & FREE」

2017年7月16日(日)から9月24日(日)まで、栃木県宇都宮市にある宇都宮美術館にて、クリエイティブユニットKIGI(キギ)の大規模な個展「KIGI WORK & FREE」が開催されます。

キギは、アートディレクター兼クリエイティブディレクターの植原亮輔と、アートディレクター兼デザイナーの渡邉良重の二人によって2012年に設立されたユニット。
「PARCO」「LAFORET」「SANYO」など、これまで様々な企業のグラフィックやアートディレクションを手掛けるほか、二人共に、一年で最も優れたグラフィック作品に贈られる亀倉雄策賞を受賞するなど、経験豊富な実力派ユニットとして多方面から高い注目を集めています。

その二人が独立前に長年所属していたのが、グラフィックや広告宣伝、商品や企業のブランド開発などを請け負うデザイン会社「DRAFT」。
「DRAFT」在籍時は、新しい感性によるリサイクルショップ「PASS THE BATON」や、ワコールの下着ブランド「une nana cool」といったショップやブランドなどのデザインやブランディングに加え、「DRAFT」オリジナルのプロダクトブランド「D-BROS」のディレクションなど、多くの代表的なプロジェクトを手掛けています。

とりわけ「D-BROS」の、水を注ぐことで立体的な美しい花瓶に変化するビニール製フラワーベース「hope forever blossoming」は、グッゲンハイム美術館など世界の主要ミュージアムショップでも販売され、国際的にも高い評価を獲得しています。

クリエイティブユニット、キギの大規模な個展「KIGI WORK & FREE」

D-BROS / hope forever blossiming © KIGI

キギ設立後は「D-BROS」のディレクターを務める傍ら、クライアントワークからファッションブランド「CACUMA」などのデザインコンテンツ、自身の作品集の刊行やアート作品の展覧会、さらには、キギのオリジナルショップ&ギャラリー「OUR FAVOURITE SHOP」をオープンさせるなど幅広く多彩な活動を展開しています。

近年はイメージやアイデアの萌芽に丁寧に寄り添うことからはじまる作品づくりを行っている二人。緻密なコンセプトと柔軟な想像力によって、自由で全く独自の作品へと昇華させる「プライベートワーク」にも積極的に取り組み、それぞれの作品を発表しています。

クリエイティブユニット、キギの大規模な個展「KIGI WORK & FREE」

時間の標本 #001 © KIGI

クリエイティブユニット、キギの大規模な個展「KIGI WORK & FREE」

OUR FAVOURITE SHOP © KIGI

幾多のグラフィックデザインをはじめとし、「D-BROS」や、2014年に滋賀県·琵琶湖の職人たちと共同で立ち上げた陶器や木工家具のブランド「KIKOF」などのプロダクトデザイン、さらにこれらデザインの仕事とパラレルに存在するプライベートワーク。
本展では、あらゆるジャンルを横断しながら、クリエイションの新しいあり方を探求し、生み出し続けているキギの、数々の取り組みを仕事(WORK)と作品(FREE)という二つの視点からアプローチし、その伸びやかで魅力溢れる世界観を鮮明に提示しています。

クリエイティブユニット、キギの大規模な個展「KIGI WORK & FREE」

D-BROS / Walts © KIGI

クリエイティブユニット、キギの大規模な個展「KIGI WORK & FREE」

KIKOF / Pottery © KIGI

KIGI WORK & FREE

会期:2017年7月16日(日)〜9月24日(日)

会場:栃木県宇都宮市長岡町1077番地 宇都宮美術館

時間:9:30〜17:00(入館16:30まで)※9月19日(火)〜9月24日(日)は、9:30〜19:00(入館18:30まで)

休館日:月曜日、7月18日(火)※但し、7月17日(月)、9月18日(月)は開館

観覧料:一般800円(600円)、大学生·高校生600円(480円)、中学生·小学生400円(320円)※()内は20名以上の団体料金

※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保険福祉手帳の交付を受けている方と同伴介護者1名は無料
※宇都宮市在学、または在住の高校生以下は無料
※毎月第3日曜日(7月16日、8月20日、9月17日)は「家族の日」です。高校生以下の方を含むご家族で来館された場合、一般·大学生は半額、高校生以下は無料

http://u-moa.jp/