入手困難な燭台や希少なリトグラフなども展示「エリック·ホグラン展」

2017年7月21日(金)から8月14日(月)まで、東京·千代田区にある新丸ビル4階の「デリエ イデー」にて、スウェーデンのガラス作家、エリック·ホグランの展示会「Erik Höglund Exhibition エリック·ホグラン展」が開催されます。

北欧スウェーデンを代表するガラス作家の一人、エリック·ホグラン。
北欧の伝統、ヨーロッパの土着文化、南米やアフリカの手工芸などに触発されたプリミティヴで自由な作風に、スウェーデンの伝統的なガラスを調和させた作品は、素朴さの中に洗練さが同居する高度な芸術的センスを感じさせるデザイン。力強く鮮やかな色遣いや、気泡や歪みを表現の一つとして取り入れた手法は、ホグランの作品の特長と言えます。


ストックホルムのKonstfack(現在の国立芸術工芸デザイン大学)で彫刻を学んだ後、1953年にスウェーデン有数のガラスメーカーBODA社に入社し、デザイナーとして活躍したエリック·ホグラン。
1957年にはBODA社での作品が評価され、北欧のデザイナーを対象とした最も権威あるルニング賞を受賞。冷たく、鋭いといったガラスのイメージとは対照的に、ぽってりとしたフォルムや人の手のぬくもりを感じる人間味溢れる作品の数々は、北欧のガラス工芸に新しい風を吹き込みました。

本展では、現地でも人気が高く、コレクターズアイテムとしても近年はますます入手困難となっているキャンドルスタンドをはじめ、インテリアアイテムとして日常使いもできるフラワーベースやガラス器、さらには、ホグランが手掛けた希少な絵やリトグラフなども展示販売されます。

Erik Höglund Exhibition エリック·ホグラン展

会期:2017年7月21日(金)~8月14日(月)

場所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル4階 デリエ イデー

時間:11:00~21:00、11:00~20:00(日·祝)

http://www.idee.co.jp/