日本の伝統との融合。マリメッコによる7日間限定のポップアップショップ

フィンランドのライフスタイルブランド、marimekko(マリメッコ)によるポップアップショップ「We Love Japan – The Isetan edition」が、2017年6月7日(水)から6月13日(火)まで、7日間限定で伊勢丹新宿店にオープンします。

マリメッコは独創的な柄と色使いによってグローバルに知られる、北欧フィンランドを代表するデザインハウス。ファブリックのデザインや製作をベースとしながらも、服飾から生活雑貨まで多彩なアイテムを展開し、日本でも絶大な人気を誇っています。

日本の伝統との融合。マリメッコによる7日間限定のポップアップショップ

Photo: Kazuhiro Shiraishi

マリメッコの原点とも言えるのが大胆でカラフルな「柄」。ケシの花をモチーフにした「ウニッコ」はブランドのシンボル的な柄として、今や世界中で認知され、浸透しています。

「マリメッコの柄に、日本文化特有の情緒ある伝統色を纏わせたらどうなるだろうか?」「長年継承されてきた繊細で高度な技術を持つ日本の職人と、協働でものづくりをしたらどんな作品が生まれるだろうか?」そんな想いから企画された本プロジェクト。
藍鉄(あいてつ)、漆黒(しっこく)、紅緋(べにひ)といった日本の伝統色で構成されたウニッコ柄と新柄ヴァスキナ柄のドレス、バッグなどのファッションアイテムや、クッションカバー、マグカップなどのホームコレクションがリリースされ、今回のポップアップショップで販売されます。

日本の伝統との融合。マリメッコによる7日間限定のポップアップショップ

Photo: Kazuhiro Shiraishi

また、マリメッコのウニッコ柄や新柄ヴァスキナ柄があしらわれた有田焼「畑萬陶苑」と「福泉窯」の磁器、ウニッコ柄のジャガード生地を張った「カリモクニュースタンダード」のソファ、オリジナルの絵柄が施された「加藤製作所」の手仕事によるブリキ缶、ウニッコ柄とキヴェット柄が描かれた「畑漆器店」のウッドボックス、同じくウニッコ柄とキヴェット柄をのせた「かまわぬ」のてぬぐいなどが、マリメッコと日本の職人とのコラボレーションアイテムとして展開されます。

フィンランドと日本の出会いから生まれた特別なコレクションが揃う、特別な7日間です。

日本の伝統との融合。マリメッコによる7日間限定のポップアップショップ

Photo: Yuta Kawanami

Marimekko × 畑萬陶苑、福泉窯(有田焼)

美しく繊細な絵柄と、絵柄を引き立てる白磁の白さが特長の有田焼。真っ白な磁器をキャンバスにして、有田焼の名窯「畑萬陶苑」の職人の手により一点一点丁寧にマリメッコの柄が描かれました。
選ばれた柄は日本の伝統色で配色されたウニッコ柄とヴァスキナ柄。有田の窯元によって大胆かつ繊細に表現されたお香立て「Incense holder」と、酒器「Sake cup」が誕生しました。
また、型からオリジナルで製作された茶碗「Rice cup」は、同じく有田焼の名窯「福泉窯」の熟練の職人の手によるもの。転写プリントの技法を用いて、茶碗の内側の曲面にウニッコ柄、ヴァスキナ柄、キヴェット柄の3種類の柄が施されました。

Marimekko × KARIMOKU NEW STANDARD

マリメッコの最もアイコニックな柄、ウニッコのインテリア用ジャガード生地を纏ったのは「カリモクニュースタンダード」のソファ「CASTOR SOFA」。国内の自社工場で最新鋭の機械と職人の手によって作られる、カリモクが誇る木工技術と椅子張りに関する優れたノウハウが詰まったソファです。
スカンジナビアンデザインとの相性、マリメッコの定番アイテムとの組み合わせのしやすさを考え、ファブリックはグレーとホワイトという柔らかなトーンに仕上げられています。
シンプルなデザインと上質なつくりが、瑞々しく活力に溢れたウニッコの花をゆったりと受け止めます。

Marimekko × 加藤製作所

明治28年創業の老舗茶筒メーカー「加藤製作所」の手仕事によるブリキ缶。一枚板のブリキ板を裁断するところから、通常なら機械で湾曲·接合する部分も含め、成形までの全ての工程を一つ一つ職人が手作りで製作しています。そのため、手間暇がかかる分、より密閉度が高く、フォルムの美しいブリキ缶に仕上がります。
そしてこのブリキ缶「Tin box」に合うようにと、デザイナーのアイノ-マイヤ·メッツォラがヴァスキナの柄から一部を抽出し、細かなディテールを書き加えることで新たな柄がつくられました。

Marimekko × 畑漆器店

石川県山中温泉の伝統工芸、山中漆器。その山中漆器の工房の一つ、1930年創業の老舗「畑漆器店」は、伝統技術を脈々と守りつつも時代の変化に合った新たなものづくりを続けています。
北海道で育った栓の木が用いられ、熟練の木地挽物技術によって製作された木目が美しい木箱「Wood box」。蓋には日本の伝統色で配色されたウニッコ柄とキヴェット柄が施されています。弁当箱や小物入れなど、多様な使い方が想像できる木箱です。

Marimekko × かまわぬ

日本では平安時代から作られ、綿の栽培が全国的に盛んになった江戸時代以降、人々の日常生活の必需品となっていったてぬぐい。そんな背景を持つ日本のてぬぐいに、布からスタートしたマリメッコが、“柄をのせてみたい” と思うのはごくごく自然なことでした。
一尺三尺、およそ33cm×90cm。明治時代から続く染めの技法「注染」を用いて、職人の手で一枚一枚作られる「かまわぬ」のてぬぐい。同じ素材、限られた大きさの中にも季節感や世界観を表現できる、てぬぐいの面白さのひとつです。
その「かまわぬ」のてぬぐいに、マリメッコのウニッコ柄とキヴェット柄をそれぞれツートーンで表現。日本の技とフィンランドのデザインが融合した、北欧モダンでもあり、純和風でもある魅力的な仕上がりの「Tenugui」です。

Marimekko × 日本の伝統色

色彩に溢れた国、日本。春夏秋冬と緩やかな四季の移ろいは、深緑の緑、紅葉の赤といった鮮やかな色や、その間に感じる中間の色が数多く存在します。
緑みを含んだ濃い青色の「藍鉄(あいてつ)」、やや黄色みの強い赤色の「紅緋(べにひ)」、漆を塗った漆器のような深く艶のある黒色の「漆黒(しっこく)」。それら日本の伝統色で構成されたウニッコ柄とヴァスキナ柄。
これまでと異なる表情を持ったウニッコ柄のドレスやチュニック、トートバッグ、クッションカバー、また、ヴァスキナ柄のプレートやマグカップ、エプロン、オーブンミトン、ポットホルダーなどがリリースされます。
日本の気候風土や文化から生まれた、日本独特の色彩を纏ったアイテムの数々が限定で展開されます。

日本の伝統との融合。マリメッコによる7日間限定のポップアップショップ
日本の伝統との融合。マリメッコによる7日間限定のポップアップショップ

We love Japan – The Isetan edition

会期:2017年6月7日(水)〜6月13日(火)

会場:東京都新宿区新宿3丁目14−1 伊勢丹新宿店本館1階 ザ·ステージ

時間:10:30〜20:00

http://www.marimekko.jp/