初期モデルも展示。柳宗理のバタフライスツール60周年記念企画展

2017年6月6日(火)から7月17日(月·祝)まで、石川県金沢市にある「柳宗理記念デザイン研究所」にて、柳宗理 バタフライスツール60周年記念企画展「BUTTERFLY STOOL 60th」が開催されます。

柳宗理(やなぎ そうり)がデザインを手がけ、山形県天童市に拠点を置く家具メーカー、天童木工で長きに渡り製造され続けている「バタフライスツール」。1956年に松屋銀座で開催された第一回柳工業デザイン研究会展での発表から、2016年で60周年を迎えました。

日本の工業デザインの礎を築き、その実力を世界に認められたデザイナー、柳宗理。
彼の代表作と同時に日本を代表する家具でもある「バタフライスツール」は、1957年ミラノ·トリエンナーレで金賞を受賞し、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やメトロポリタン美術館、ルーブル美術館など各国の美術館にも収蔵されている、世界の家具史においてもアイコン的存在のスツールです。

初期モデルも展示。柳宗理のバタフライスツール60周年記念企画展

© Yanagi Design Office

戦後、イームズの成形合板技術を目の当たりにした柳と、当時、仙台にあった産業工芸試験所で成形合板を研究し、後に天童木工に入社する乾三郎との出会いがこの美しいスツールを誕生させるきっかけとなりました。

手遊びのように何気なく紙を折り曲げる中から生まれた「バタフライスツール」の印象的で軽やかなフォルム。しかし、同じ形の2枚の成形合板を真鍮金具でジョイントさせたシンプルな構造の実現には、天童木工とともに数年に及び研究·開発を重ねるなど多くの試行錯誤がありました。
柳が図面に頼らず、幾つもの小さな模型を作って自分の感覚を頼りにつくりだした柔らかな曲線と、その造形を実現した匠の技術。
「デザインはひとりでするものではない」という柳の言葉に象徴されるように、「バタフライスツール」はデザイナーとメーカーとの協働によって完成したものと言えます。

初期モデルも展示。柳宗理のバタフライスツール60周年記念企画展

1956年発表時の初期型(奥)と、1958年の形状変更後に作られたもの(手前)

金沢美術工芸大学·柳宗理記念デザイン研究所と柳工業デザイン研究会が主催の本企画展。
会場では、デザイン時に作られた模型や発表当時のオリジナルを含む様々なタイプの「バタフライスツール」が展示され、その60年の歩みを振り返るとともに、十分な強度と自由度の高いデザインを可能にした成形合板技術についても詳しく紹介されます。

柳宗理 バタフライスツール60周年記念企画展「BUTTERFLY STOOL 60th」

会場:石川県金沢市尾張町2-12-1 金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所

会期:2017年6月6日(火)〜7月17日(月·祝)

時間:9:30〜17:00 ※入場無料

休館日:月曜休館、但し7月17日(月·祝)は開館

https://www.butterflystool60th.com