北欧市や豆皿市も同時開催。日本最大級の蚤の市「第11回東京蚤の市」

2017年5月13日(土)14日(日)の2日間、東京·調布の東京オーヴァル京王閣にて、日本最大級の蚤の市「第11回東京蚤の市」が開催されます。

「ヨーロッパの街中で開かれている蚤の市を日本でも」という想いから始まった、手紙社主催の本イベント。
2012年5月に1回目が開催されて以降、古道具を中心にカフェやフード、ライブパフォーマンスなど、回を重ねるごとに規模が大きくなり、今回も総勢200組を超える出店者によって会場が目一杯埋め尽くされます。

古き良きものを愛でる人々が集う他にはない祭典として、「東京蚤の市」でしか出会えない、年代ものの家具や雑貨、照明、フィルムカメラ、古道具、古書、紙もの、古着などが一堂に集結、各ブースに所狭しと並びます。

また、恒例となった「東京北欧市」「東京豆皿市」も前回よりボリュームアップして、特設エリアにて同時開催されます。

北欧市や豆皿市も同時開催。日本最大級の蚤の市「第11回東京蚤の市」

今回で7回目となる「東京北欧市」では、フィンランドやスウェーデン、ノルウェー、デンマークといった北欧のガラス器、陶器、キャンドルスタンド、また、テーブルクロスなどのテキスタイル、白樺をはじめとした木の細工、さらに、1950年から60年代のヴィンテージ家具など、新旧含め、北欧の用の美を極めた家具や雑貨の数々が並びます。

北欧市や豆皿市も同時開催。日本最大級の蚤の市「第11回東京蚤の市」

3回目の開催となる豆皿に特化した「東京豆皿市」では、今回新しく「箸置き市」をプラスし「東京豆皿市&箸置き市」として展開。花や動物をモチーフにしたものや、色鮮やかに模様が描かれたものなど、形もさまざま、絵付けもさまざま、陶器、ガラス、木材と素材もさまざま。全国各地の工房や作家から選りすぐりの一皿、一客が出揃います。

さらに、木を使ってロボットを作るワークショップや、パントマイムなど大道芸人によるパフォーマンス、そして、カジヒデキらアーティストによるステージライブなど買い物以外のコンテンツも充実。会場内各所で2日間限りの多彩なエンターテイメントが繰り広げられます。

第11回東京蚤の市

会期:2017年5月13日(土)~5月14日(日)

会場:東京都調布市多摩川4-31-1 東京オーヴァル京王閣

時間:5月13日(土)9:30~18:00、5月14日(日)9:00~17:00

入場料:500円(小学生以下無料)

※当日は周辺の道路や駐車場が大変混雑します。来場の際は公共交通機関をご利用ください。

http://tokyonominoichi.com/