第19回亀倉雄策賞受賞記念。キギ 渡邉良重展「絵をつくること」

東京·中央区にある「クリエイションギャラリーG8」にて、2017年4月4日(火)から5月20日(土)まで、アートディレクターでグラフィックデザイナーでもある渡邉良重の個展「絵をつくること」が開催されます。

自ら手がけるイラストレーションを主体にして、彼女独自の世界観と自在な発想で作品を作り上げる「KIGI(キギ)」の渡邉良重。
広告やパッケージ、絵本などのグラフィックデザイン、また、ディレクターを務めるプロダクトブランド、D-BROS(ディーブロス)ではカレンダーやグリーティングカードなどの商品デザイン、滋賀県の伝統工芸に携わる職人たちとのプロダクトブランド、KIKOF(キコフ)では陶器や木工製品などの商品デザイン、さらに「ほぼ日」との協働によるファッションブランド、CACUMA(カクマ)ではウィメンズの洋服デザインなど、様々な領域で幅広くクリエイションに携わっています。

本展は公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)主催により、毎年、年鑑「Graphic Design in Japan」出品作品の中から、最も優れた作品とその制作者に対して贈られる亀倉雄策賞の受賞記念として開かれる企画展。

第19回目となる2017年の受賞作品は、渡邉良重による洋菓子のパッケージデザイン「AUDREY(オードリー)」。日本各地から厳選した苺を世界のチョコレートで包んだ苺スイーツ専門店の一連のパッケージです。

会場では、受賞作「AUDREY」のパッケージ群とともに、これまで渡邉が手がけてきたイラストレーションの仕事や、物語を紡ぐような繊細で清楚な作品の数々が展示されます。

第19回亀倉雄策賞受賞記念。キギ 渡邉良重展「絵をつくること」

洋菓子「AUDREY」のパッケージ

第19回亀倉雄策賞受賞記念。キギ 渡邉良重展「絵をつくること」

洋菓子「AUDREY」のパッケージ

第19回亀倉雄策賞受賞記念 渡邉良重展「絵をつくること」

会期:2017年4月4日(火)〜5月20日(土)

会場:東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F クリエイションギャラリーG8

時間:11:00〜19:00(入場無料)

休館日:日曜·祝日、4月29日(土)〜5月7日(日)

http://rcc.recruit.co.jp/