ATELIER MUJI バーナード·リーチの貴重な民藝運動フィルムを公開

無印良品有楽町店の2階にある「ATELIER MUJI」にて、2017年1月27日(金)から「民藝運動フィルムアーカイブ 名も無き美を求めて1934-2017」展が開催されます。

思想家の柳宗悦が提唱した、名も無き職人の手から生み出された日常の生活道具、「民藝(民衆的工芸)」。

観賞用の美術品ではなく、庶民が日常的に扱う実用品にスポットライトを当て、日本の美と手仕事を見いだし、世界に新しい価値を知らしめた民藝運動。
その運動を世に広めたメンバーの一人であるバーナード·リーチが、1934年から1935年にかけて来日した際に、当時はまだ貴重であった16ミリの機材で自ら撮影したフィルムが長らくリーチの自宅に眠っていました。
そこには柳宗悦、濱田庄司、河井寛次郎など民藝運動を起こしたメンバーの姿や、当時の日本各地のものづくりの現場やさまざまな地域風土、風景が記録されていました。

カナダ人の映像作家であり、民藝への深い情熱と知識を持つマーティ·グロスがその存在にたどり着き、晩年リーチからフィルムを譲り受けて劣化したフィルムをデジタル化し、撮影された内容を確認しながら、民藝をテーマにした映像作品の製作や日本に眠っている映像資料を掘り起こす活動を続けてきました。

本展では、会場内の映写室で「民藝運動フィルムアーカイブ」が上映されるとともに、マーティ·グロスがバーナード·リーチ撮影のフィルムについて、またその修復·編集作業について、映像を参照しながら解説するトークイベントや、日本民藝館の杉山学芸部長による民藝運動についてのトークイベントも行われます。

民藝運動フィルムアーカイブ 名も無き美を求めて1934-2017 展

会期:2017年1月27日(金)〜3月26日(日)

会場:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品有楽町2F ATELIER MUJI

時間:10:00~21:00

http://www.muji.com/jp/events/5116/