東北の器や生活道具「Found MUJI 北のもの」展

東京·青山にある「Found MUJI 青山」と東京·有楽町にある「無印良品 有楽町」にて、岩手の小久慈焼や安比塗、山形の平清水焼や藁細工、秋田の秋田杉木箱などを紹介する企画展「Found MUJI 北のもの」展が現在開催されています。

雪深い地域が多く、毎年厳しい寒さの冬を迎える北国。
農作業はもちろん、手仕事をするにも恵まれていない土地が多く、日々の生活をする上でも様々な制約があります。
冬になると土も水も凍るため陶磁器を焼く窯場は決して多くなく、そこでつくられる道具は工芸品というよりは冬の農閑期におもに自家用として使われる装飾を省いた質実なものが目立ちます。
しかし、地元の木や土や藁を使い、伝統の良いところを実直に受け継ぎながらつくられた器や生活道具は、味わい深い魅力に溢れています。
厳しい環境下、北国の人々の生活に根づいてきた器や生活道具は今の私たちのくらしにもよく馴染みます。

本展では東北の三県、岩手、秋田、山形の器や漆器、蔓細工、藁細工、木箱など伝統のなかに息づく北国の道具の数々が紹介されます。

Found MUJI 北のもの 展

会期:2016年12月27日(火)〜2017年2月16日(木)

店舗:Found MUJI 青山、有楽町

会期:2017年1月6日(金)〜3月2日(木)

店舗:Found MUJI 青山、有楽町、池袋西武、コレド室町、丸井吉祥寺、テラスモール湘南、名古屋名鉄百貨店、イオンモール京都、京都BAL、グランフロント大阪、広島パルコ、MUJIキャナルシティ博多

http://www.muji.net/foundmuji/