全国5会場を巡回 フィンランド独立100周年記念「フィンランド·デザイン展」

2017年1月から福岡を皮切りに愛知、福井、府中、宮城と全国5会場を巡回するフィンランド独立100周年を記念した展覧会「フィンランド·デザイン展」が、現在、福岡市博物館にて開催中です。

森と湖の国といわれる自然豊かな北欧の国、フィンランド。しかし、夏は白夜、冬は極寒という人々が生活をするには大変厳しい環境下にあります。にもかかわらず、フィンランドに住む人たちは、昔から自然と共に生き、その生活の中から楽しみを見い出しつつ日々の暮らしを送って来ました。

フィンランドを代表するデザイナーたちも「自然と人間との調和」ということを大切にし、日常の中で永く使われ、今も世界中で愛され続けているシンプルであたたかい作品を生み出してきました。
それらは時代が変わっても廃れることなく、技術の進歩や新しい動向に合わせてしなやかにその姿を変えて行き、現在でも未来へとつながる新しいデザインが、フィンランド生まれのハッリ·コスキネンやヘイニ·リータフフタといった新世代のデザイナーたちによって生み出され続けています。

全国5会場を巡回 フィンランド独立100周年記念「フィンランド·デザイン展」

© iittala

本展では、2017年がフィンランド独立100周年となるのを記念し、独立以前から現在までの100年に及ぶフィンランド·デザインの歩みを、「フィンランド·デザインの黄金期」「フィンランド·デザインの革新」「フィンランド·デザインのいま」などといった計6つのセクションに分けて紹介されます。

フィンランドデザインの巨匠アルヴァ·アアルトやカイ·フランク、マイヤ·イソラをはじめとする著名デザイナーたちが生み出した、家具·食器·ガラス·テキスタイル·グラフィックなど約700点もの作品が一堂に会す大規模な展覧会です。

また、会場内には著名デザイナーの作品に座りながらフィンランドの景色が楽しめるコーナーや、エーロ·アールニオがデザインした犬の形を模した子供用玩具「Puppy」のぬり絵が楽しめるコーナーといった体験スペース、さらには、本展オリジナルのグッズや展示品と同じものが一部購入できる限定ショップも併設されます。

全国5会場を巡回 フィンランド独立100周年記念「フィンランド·デザイン展」

© Designmuseo

全国5会場を巡回 フィンランド独立100周年記念「フィンランド·デザイン展」

© Artek

全国5会場を巡回 フィンランド独立100周年記念「フィンランド·デザイン展」

Puppy / © Magis

フィンランド独立100周年記念 フィンランド·デザイン展

会期:2017年1月14日(土)~3月20日(月·祝)

会場:福岡市早良区百道浜3丁目1-1 福岡市博物館

開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)

休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)

入場料:一般1,400円 大学·高校生800円 中学·小学生500円

http://finnish-design2017.exhn.jp/