フィンランド独立100周年記念「フィンランド·デザイン展」

フィンランド独立100周年を記念し、多くの人々に愛され続けているフィンランドのガラスや陶磁器、テキスタイル、家具などを紹介する展覧会「フィンランド·デザイン展」が阪急うめだ本店にて開催されます。

森と湖の国といわれる自然豊かな北欧の国、フィンランド。しかし、夏は白夜、冬は極寒という人々が生活をするには大変厳しい環境下にあります。にもかかわらず、フィンランドに住む人たちは、昔から自然と共に生き、その生活の中から楽しみを見い出しつつ日々の暮らしを送って来ました。

フィンランドデザインの巨匠アルヴァ·アアルトやカイ·フランク、マイヤ·イソラをはじめとする多くのフィンランド人デザイナーたちも、やはり創造の源には自然と人間との調和に重きを置き、永く愛され日常で使われ続けるような、シンプルかつ明るいデザインの作品を生み出してきました。
それらは時代が変わっても廃れることなく、技術の進歩や新しい動向に合わせてしなやかにその姿を変えて行き、現在でも未来へとつながる新しいデザインが、ハッリ·コスキネンやヘイニ·リータフフタといった新世代のデザイナーたちによって生み出され続けています。

自然と共生し、”サスティナブル·デザイン”や ”タイムレス·デザイン”という概念をいち早く取り入れたデザイン先進国フィンランド。
本展では、一国家として独立する以前の装飾芸術から現在までの100年に及ぶフィンランド·デザインの歴史を、Artek(アルテック)、marimekko(マリメッコ)、iittala(イッタラ)といった日本でもおなじみの企業や各時代の主要なデザイナーに焦点を当てて紹介されます。

また、アルヴァ·アアルトやエーロ·アールニオらによるデザインの椅子に座って、そのぬくもりや心地よさ、遊び心を体験できるスペースも併設されます。

フィンランド独立100周年記念「フィンランド·デザイン展」

© iittala

フィンランド独立100周年記念「フィンランド·デザイン展」

© Artek

フィンランド独立100周年記念 フィンランド·デザイン展

会期:2016年12月14日(水)~12月26日(月)

会場:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ9階 阪急うめだギャラリー

時間:日〜木 10:00〜20:00 / 金·土及び12月18日(日)〜24日(土)10:00〜21:00 ※入場は閉場の30分前まで、最終日は午後6時閉場

入場料:一般800円 大学·高校·中学生:600円 小学生以下無料
阪急阪神お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示で、ご本人様に限り入場料から100円割引

http://hhinfo.jp/

※「フィンランド独立100周年記念 フィンランド·デザイン展」は今後、2017年福岡市博物館を皮切りとして全国5会場を巡回します。

http://finnish-design2017.exhn.jp