新作や限定品も。アジア初、ヴィトラポップアップストア開催

スイスの名門家具メーカー、Vitra(ヴィトラ)によるアクセサリーコレクションに焦点をあてた、アジアで初めてのポップアップストアが伊勢丹新宿店にて開催されます。

国や文化、時の流れを越えたデザインの多様性と楽しさ、手仕事の温もりを伝える「デザインとクラフトのチカラ」というメッセージのもとで、今回のために企画された特別商品の数々や、インテリアに楽しさを添える木彫りのウッデンドール、丹念にステッチが施された刺繍ピロー、クリスマスの季節にもぴったりなカラフルで心躍るグラフィックの小物などが一堂に集められます。
また、2016年9月メゾン·エ·オブジェで発表されたばかりの新作フラワーベースやブランケット、ギフトボックスといった最新コレクションがヴィトラポップアップストアにて日本初披露されます。

新作や限定品も。ヴィトラポップアップストア開催

© Vitra

ゴールドカラーのイームズ ハウスバード
チャールズ&レイ·イームズ夫妻は、世界各地への旅から持ち帰った数多くのオブジェとアクセサリーを収集し、自邸に飾っていました。黒い木製の鳥のオブジェは、50年以上、2人がとても大切にしていた民芸品の一つとして、イームズハウスの居間の中央に置かれていました。それは、チャールズ&レイ·イームズ自身が撮影した写真の中にも、しばしば写りこんでいます。2007年にヴィトラはこの黒い木製の鳥のオブジェを「イームズ ハウスバード」として復刻させました。そして職人が丹念に金箔を張りこんだ「ゴールデン イームズハウスバード」が限定5台のみヴィトラポップアップストアにて販売されます。
販売価格:150,000円(税抜)

新作や限定品も。ヴィトラポップアップストア開催

© Vitra

ジラードのスケッチから生まれた日本のこけしドール
アレキサンダー·ジラードは世界中の民芸品を収集していました。彼の100,000点を越えるコレクションの中には、形や色も異なる様々な種類の日本のこけしも含まれています。彼にとって民芸品は、過去の人々の暮らしの中で育まれたものであると共に、未来へのインスピレーションの源だったのです。また、第二次世界大戦、冷戦をまたいで集め続けられた世界中の民芸品は、地域や民族を越えた平和を訴えかける一つのプロジェクトでもありました。ウッデンドール誕生から50余年を経た現代、日本の伝統を守りながらも伝統こけしの新たな可能性に挑戦し続ける仙台木地製作所の佐藤康広により、アレキサンダー·ジラードのスケッチから着想を得た「こけしドール」がヴィトラポップアップストアだけの限定品として登場します。
販売価格:9,000円(税抜)〜

新作や限定品も。ヴィトラポップアップストア開催

© Vitra

ツールボックスの限定カラー、グレイッシュピンク
デスクまわりの文房具や小物をすっきりと整理できる、実用的で便利なツールボックス。好きな場所に持ち運ぶことができ、そのまま収納することも可能です。通常の5色に加え、ヴィトラポップアップストア限定カラーとして、柔らかくも甘すぎないスモーキーな「グレイッシュピンク」が200台限定で登場します。
販売価格:4,000円(税抜)

新作や限定品も。ヴィトラポップアップストア開催

© Vitra

新作や限定品も。ヴィトラポップアップストア開催

© Vitra

ジラードのファブリックを張ったソフトシェルチェア
フランスを拠点とするデザインナー、ロナン&エルワン·ブルレックがデザインをした「ソフトシェルチェア」は、その座り心地の良さからダインニングシーンにぴったりです。今回世界で初めての試みとして、ソフトシェルチェアにアレキサンダー·ジラードがデザインした生地を張りこんで仕上げた限定品が登場。「チェッカー」と「アラベスク」2色がヴィトラポップアップストアでのみ受注販売が行われます。
販売価格:チェッカー130,000円(税抜)、アラベスク180,000円(税抜)

Vitra Pop Up Store – デザインとクラフトのチカラ –

会期:2016年11月16日(水)〜11月22日(火)

会場:東京都新宿区新宿3丁目14-1 伊勢丹新宿店本館1階=ザ·ステージ

時間:10:30〜20:00

https://www.vitra.com/